レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

口の中でとろんとほどける納豆たまご焼き

副菜

口の中でとろんとほどける納豆たまご焼き
  • 投稿日2019/10/10

  • 調理時間10

お気に入りに追加

607

口の中でふわふわとろんとする、お箸で掴めるギリギリの配合です。 朝ごはんにも、お昼ごはんにも、勿論、お酒のお供にもたまりません。 普通のだし巻き卵だとなんとなく物足りない気分の時におすすめ^_^ 長ねぎの代わりに青紫蘇でもおいしいです。

材料2人分

  • たまご
    2個(Mサイズ)
  • A
    50cc
  • A
    顆粒だし
    小さじ1
  • A
    醤油
    小さじ1/2
  • B
    納豆
    1パック
  • B
    みじん切り長ねぎ
    1/4本
  • サラダ油
    適量

作り方

ポイント

3回に分けて巻くうち、1回目は納豆がちゃんと隠れてなくても大丈夫。 3回目でしっかり隠れます。 納豆を巻き込むのが難しいと感じられたら、納豆1/2パックにすると簡単になります。 慣れると、中火でテンポよく巻けるようになります。

  • 長ねぎをみじん切りにする。

  • 1

    A 水50cc、顆粒だし小さじ1、醤油小さじ1/2をかき混ぜたらたまごを加えて溶く。

    工程写真
  • 2

    B 納豆1パック、みじん切り長ねぎ1/4本をかき混ぜる。 添付のタレ、カラシ(お好みで)があれば加えて混ぜる。

    工程写真
  • 3

    フライパンを熱してサラダ油を馴染ませたら、火は強めの弱火にし、工程1のたまご液1/3を入れ、半熟状態になったらフライパンの真ん中にB 納豆1パック、みじん切り長ねぎ1/4本を置く。

    工程写真
  • 4

    納豆にたまごを被せるように巻き込み、端に寄せたら残りのたまご液のうち1/2を加え、また巻いていく。 (この段階で納豆がちゃんと隠れていなくても大丈夫です。)

    工程写真
  • 5

    残りのたまご液で最後の巻き。 フライ返しをたまごの下に滑り込ませ、フライパンの柄を持って斜めにしてたまごをひっくり返すと上手に巻けます。

    工程写真
  • 6

    巻き終えたらフライ返しで抑えながら形を整える。 写真のようにまだ片面が少し半熟の場合、 ひっくり返して軽く焼いて出来上がり。

    工程写真
レシピID

381095

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

おねこ
Artist

おねこ

呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

「料理家」という働き方 Artist History