レシピサイトNadia
    • 公開日2016/08/15
    • 更新日2016/08/15

    夏だ!ビールだ!ビールアレンジ楽しもう!

    割るだけ、とっても簡単! カクテルビア10選。

    このコラムをお気に入りに保存

    13

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    夏だ!ビールだ!ビールアレンジ楽しもう!

    夏だ! ビールの季節がやってまいりました! 天気がいいと、いつもよりたくさん飲めちゃうビール。そんな時のちょっとした口変えに、爽やかカクテルビアを作ってみませんか?

     

    私のお気に入りカクテルビア10選

    カクテルビアといっても、手の込んだものは作りません! 思いついたらすぐにできる「ちょい足しするだけ」、「割るだけ」。とっても簡単に作れて、ゴクゴク飲めちゃうカクテルビア10選をご紹介します。

    文中の(1:1)というのは、あくまでも目安。ビールの苦みをしっかり残したいならビール多め、飲みやすくするなら少なめに。好みの分量でカジュアルにお楽しみください。

     

    『ビア・モヒート』

    材料はビール+ミント+ライム

    グラスに注いだビールにミントをたっぷり加え、ライムを絞ればモヒート風カクテルビアの完成。より軽やかに飲みたいなら発泡酒や第三のビールで作り、氷を浮かべちゃってもOK!
    ミントはバジルなどお好みのハーブに代えてもおいしいです。意外なところで、パクチーで作るのもおもしろいですよ。

     

    『パナシェ』

    材料はビール+レモネードまたはレモンソーダ(1:1)

    フランスではパナシェ、イギリスではシャンディ、スペインではクララ。いろんな国で愛されているカクテルビア。フルーティーで爽やか、飲みやすいのでゴクゴクいきたい季節にピッタリです。

     

    『シャンディカフ』​『レッドアイ』『ビター・オレンジ』

    『シャンディカフ』

    材料はビール+ジンジャーエール
    レモネード(レモンソーダ)をジンジャーエールに変えると、またちょっと違った表情のカクテルビアに。更にすりおろした生姜をちょっとプラスすると、風味豊かでピリリと大人のカクテルに変身します。

    ​『レッドアイ』

    ビール+トマトジュース(1:1)
    カクテルビアと言えばやっぱりコレでしょ!酔い覚ましや二日酔いに効くと言われ、今も昔も変わらぬ人気者。タバスコを1滴たらしたり、粗挽き黒コショウをガリッと削っても。

    『ビター・オレンジ』

    ビール+オレンジジュース(1:1)
    レッドアイのトマトジュースを果汁100%オレンジジュースに変えたカクテル。フルーティーですが不思議と苦みが協調され、大人のビター感があります。

     

    ​『ビター・グレープ』『ビター・カルピス』『ビア・スプリッツァ』

    ​『ビター・グレープ』
    ビール+グレープジュース(1:1)
    同じく果汁100%グレープジュースに変えたカクテル。とびきりフルーティーでスッキリ飲みやすい!凍らせたジュースを使えば、温度とともに少しずつ変わっていく味わいも楽しめます。

    『ビター・カルピス』
    ビール+カルピス原液(5~6:1)
    ちょっと意外な組合せですが、敬遠してたらもったいない!まろやかな口当たりと、苦みを包み込む優しい甘み。カクテルビアの新たな定番になりそうな美味しさにうっとり。

    『ビア・スプリッツァ』
    ビール+白ワイン(1:1)
    ビールの苦味に白ワインの酸味がプラスされた、キレのある爽快なカクテル。どちらもキンと冷やし、お好みでレモンやハチミツを添えて。

     

    ​『ピンク・ビア・スプリッツァ』

    材料はビール+ロゼワイン(1:1)。
    ビアスプリッツァは白ワインが定番ですが、私はロゼワインで作るのもお気に入りです。可憐な色合いと、ふわっと広がるキュートな香りが絶品!ドライよりやや甘口で、氷も浮かべちゃうのが◎

     

    ​『抹茶ビール』

    ビール100cc+抹茶小さじ1/4+湯小さじ2。
    クリーミーな泡と華やかな香り、爽やかな旨みとホロ苦い味わい。苦みに苦みを重ねているのに、なぜかまろやかで飲みやすくなってしまうマジック。ビール好きさんも苦手な方も、止まらなくなってしまう魅惑のビアカクテルです。

     

    のんあるカクテルバリエーション

    アルコールは苦手、体調が悪い、これから運転しなきゃ・・・という方が一緒の時は、のんあるカクテルもお楽しみください♪

    『のんあるモヒート』

    『のんあるフレシータ』

    『のんあるミモザ』

    『クラッシュゼリー・スパーク』

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    13

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    このコラムを書いたArtist

    加瀬 まなみ
    • Artist

    加瀬 まなみ

    埼玉県熊谷市出身。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。 全国タパス選手権 2018年 3位入賞。 著書:フライパンひとつでできる絶品パエリア(TATSUMI MOOK)、5分でできた!シリーズ 全7冊(角川SSC)、2stepレシピお米でつくるたのしいごはん(東京地図出版)、月刊いちばんやさしいスペイン料理(miilマガジン)ほか

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History