ホントにおいしいフライドチキンのレシピ アメリカ料理

20

2017.01.20

分類主菜

調理時間: 20分(※味付け時間を除く。)

ID 145826

豊田 亜紀子

アッコさん家の彩りレシピ アメリカLAスタイル

このレシピは、俗に言う日本人がよくやるような『から揚げ』のレシピではありません。アメリカ仕立てのスパイスを効かせた秘伝のレシピなんですよ。日本人は知らないレシピのはず!ずっと自分の家だけで作り続けていたレシピを公開します♪

    材料

    4人分(※4本×4人分=16本分です。)
    骨付き鶏手羽元 16本
    適量(強めにふる)
    黒こしょう 適量(強めにふる)
    1個
    A
    薄力粉 100g
    A
    ガーリックパウダー 小さじ5
    A
    パプリカ(乾燥粉末) 小さじ3
    A
    レッドペパー 小さじ1/4
    A
    黒こしょう 少々
    サラダ油 適量(揚げ油)

    作り方

    ポイント

    揚げ方にこだわる人、または、時間のある人は、『はじめは160℃の定温でじっくり揚げて、最後に180℃の高温でカリッと揚げる』・・・という揚げ方だとよりおいしく仕上がります♪
    1.  ①骨付き鶏手羽元は、両面に塩と黒こしょうを強めにふってから常温で1時間半ほど置いて骨の部分の冷えをしっかりと取っていきます。
      ②大きめのボウルに材料A

      薄力粉 100g、ガーリックパウダー 小さじ5、パプリカ(乾燥粉末) 小さじ3、レッドペパー 小さじ1/4、黒こしょう 少々

      を投入して泡だて器でよく混ぜてダマを取ります。
      ③卵は常温に戻しておきます。
       
    2. 底面が15cm程度の容器に下準備③の卵を割り入れてから溶きほぐし、溶き卵を用意します。
       
    3. 下準備①の鶏手羽元に下準備②の粉類を全体にまぶしていきます。
    4. 2を1の溶き卵に入れて卵液をまぶします。
    5. 今度は、3の鶏手羽元を再度、下準備②の粉類の中に入れて、全体によくまぶします。
      (※この段階で卵液も粉類もほぼ綺麗になくなるはずです。)
       
    6. 180℃の揚げ油(サラダ油)でこんがりとした焼き色が付くまで両面をしっかり揚げていきます。揚げ上がったら、揚げ物トレーに乗せてしっかり油を切ります。
    90 584

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    フライドチキン シニア スパイス ブランチ おもてなし クリスマス パーティー フライドチキン 世界各国の料理 子供 お弁当 手羽元 アイデア料理 アメリカ料理 簡単 記念日 お誕生日 鶏肉料理

    このレシピをサイトに埋め込む

    「フライドチキン 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは