甘さ引き立つブロッコリーの塩麹グリル

3

2022.01.17

分類副菜

調理時間: 3分

ID 429470

幸村亜美

ayurvedic recipe

ブロッコリーは平性に部類される為、アーユルヴェーダのどの体質の方へも比較的安心して取り入れていただけます。アブラナ科の野菜はヴァータを増やす傾向があるので、ヴァータ疾患が気になる方は食べ合わせに注意。油分で潤いと、マスタードシードが腸管内に溜まったガスを排出してくれます。
また、水分を適度に入れ、自然の甘味を麹によってさらに引き出しましょう。
水分を含みすぎると形が崩れ、栄養価も落ちてしまう為、短時間で仕上げるのがポイント。
また、口・鼻・喉などの粘膜を保護する効果も期待できるので、風邪予防にも。
春先にかけて起こりやすいカファ症状(アレルギー反応)などの事前対策にも良いでしょう。

    材料

    4人分
    ブロッコリー 一株
    塩麹 小さじ1
    太白の胡麻油 大さじ1
    ブラックマスタードシード 小さじ1/2
    ひとつまみ
    50ml

    作り方

    ポイント

    食感が残るよう短時間で仕上げる為、何かの料理と同時進行よりは単体でサクッと仕上げてしまうことをおすすめします。(※同時進行だとつい火を入れすぎてしまったり、塩麹が焦げてしまう可能性があります。)
    1. ①ブロッコリーの茎部分を切り落とし、食べやすい大きさに切る
      ②太白の胡麻油を半量(大さじ1/2)と塩麹を小さいボールで混ぜ合わせる
    2. 太白の胡麻油を残りの半量(大さじ1/2)をフライパンに入れ弱火にかけ、塩ひとつまみとブラックマスタードシードを入れる。
    3. マスタードシードがパチパチ跳ねるので蓋をして音が落ち着くまで待つ。落ち着いたらブロッコリーを入れて、全体にオイルを絡める。
    4. ブロッコリーに焼き色が少しついたら下準備の②太白の胡麻油と塩麹を全体に絡めるようにあわせる。
    5. 全体に絡んだら水を入れ蓋をして中火にして1分30秒蒸し焼きにする。
    6. 残った茎の部分はスープに入れたり、炒めものに合わせるなど余さず使いましょう!
    2 38

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    おつまみ お弁当 野菜のおかず 野菜のおつまみ シニア おつまみ ヘルシー フライパン ブロッコリー 子供 お弁当 手軽 時短 簡単 簡単レシピ 野菜 野菜のおかず

    このレシピをサイトに埋め込む

    「おつまみ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは