レシピサイトNadia
    主食

    【絶品焼きおにぎり】かつお節が決めて!冷めても美味しい!

    • 投稿日2022/04/15

    • 更新日2023/03/27

    • 調理時間10

    何度作っても食べ飽きない!我が家の定番の焼きおにぎりです。 シンプルですがかつお節のうま味をプラスすることで味がぼけず冷めても美味しいです。ムラなく混ぜて握るだけなのでとても簡単!誰が作っても同じように美味しく作れます。 お弁当はもちろん作り置きとしても便利です。お子さまのおやつ、お酒の〆にもピッタリです。 冷凍保存もOKなのでたくさん作っておいて常備しても◎ 我が家の美味しい焼きおにぎりを作るポイントも細かく記載しているので、ぜひ参考にしてみてください!

    材料2人分

    • 温かいごはん
      300g
    • A
      醤油
      大さじ1
    • A
      みりん
      小さじ2
    • A
      和風顆粒だし・ごま油
      各小さじ1
    • A
      かつお節
      3g

    作り方

    ポイント

    ●工程1は、ムラにならないように満遍なくしっかり混ぜましょう。 ●工程2は、そのまま手で握っていただいても大丈夫ですが、綺麗な焼き面にしたい場合はラップに包んでにぎった方が作りやすいです。面を平らに成形してから焼くとムラがなくしっかり焼けます。焼きおにぎりはいつもよりしっかり目に握るのもポイントです! ●工程3は、テフロン加工のフライパン使用しました。お好みの焼き加減でどうぞ。しっかりと焼きつけるのがおすすめです。余裕があれば側面も焼くとより香ばしくいただけます。 ●その他、白いりごまを入れたり梅肉やじゃこを入れたり、さらに醤油をつけて焼くなどお好みでアレンジできます。 ●かつお節は「ヤマキ 氷熟®︎マイルド削り」を使用しました。 ●冷凍保存も可能です。 1個ずつラップに包み冷凍用保存袋に入れて冷凍してください。解凍方法は、凍ったまま電子レンジ600wで1分半、500wで2分くらいが目安です。

    • 1

      ボウルに温かいごはん、A 醤油大さじ1、みりん小さじ2、和風顆粒だし・ごま油各小さじ1、かつお節3gを入れてよく混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 2

      3〜4等分にし、おにぎりをにぎる。 (ここで焼く面を綺麗に平らにしておくとフライパンで焼いた時にムラなく焼き目がつきます)

      工程写真
    • 3

      フライパンを中火に熱し、2を並べてこんがり焼く。

      工程写真
    レシピID

    435111

    質問

    作ってみた!

    • クミ
      クミ

      2024/04/29 06:39

      本当に絶品で冷めてもおいしかったです! 倍量で作ればよかったと思いました!
    • 413225
      413225

      2024/04/14 15:56

      本当に絶品‼︎😍美味しいレシピありがとうございます♪ 定番おにぎりに追加です😋
    • ちょい太郎
      ちょい太郎

      2023/11/26 13:12

      倍量で26cmフライパンに7個と少し焼けました!我が家の定番焼きおにぎりになりました🤎美味しいです🤎
    • ねこぱん
      ねこぱん

      2023/09/17 16:58

      おいしくできて家族にも大好評でした!
    • ぱくりん
      ぱくりん

      2023/03/12 14:50

      香ばしくて、とってもおいしかったです。ごはんが余ったら、このタレを混ぜて、冷凍します🎵 簡単でおいしいレシピを、ありがとうございました。😊

    「焼きおにぎり」の基本レシピ・作り方

    こんな「焼きおにぎり」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「基本・定番」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    るみ
    • Artist

    るみ

    料理家

    料理家。愛知県在住。2児の母。 著書📕【るみのささっと和食】 2022年5月31日出版(ワン・パブリッシング) Instagram @ru.ru_rumi 身近な食材や調味料を使ったお手軽簡単な和食ご飯、時短料理、名古屋めしを中心に発信しています。 子供達も成人し、現在はフルタイムで働いているのでできるだけ早く簡単に作れるレシピが中心。 今までの経験から作る我が家の毎日食べても飽きない和食がメインな食卓を皆さまにお届けできたらと思います。

    「料理家」という働き方 Artist History