永久保存版☆お祝い鯛めし~大根入りでとてもヘルシー

40

2021.05.16

分類主食

調理時間: 40分

ID 412791

こいけかおる

身体を整える美味しい♪お家ごはん

春は鯛が美味しい季節です。そして、春はお祝い事が多い季節でもあります。ご家族のお祝いに是非お役立てください。

大根を一緒に炊き込む事で、魚の消化吸収を助け、風味も増します。また、量増しになるので、ダイエット効果も期待できます。

    材料4人分
    2カップ
    チダイ(もしくは真鯛の切り身) 1尾
    大根 200g
    昆布だし 適量
    A
    薄口醤油 大さじ1弱
    A
    大さじ1
    A
    みりん 大さじ1
    A
    小さじ1/2
    三つ葉もしくは木の芽 適量
    作り方
    Point!
    鯛は鮮魚コーナーで鱗とワタを取ってもらうと便利です。チダイ(真鯛より小ぶり)のサイズが丁度よいようですが、小ぶりの真鯛や、真鯛の切り身(2∼3切れ)でも大丈夫です。切り身の場合は振り塩は小匙1にしてください。

    大き目の土鍋を使う時は中心部が火が入りにくいので、米をなべ底にドーナッツ状に敷くと、ご飯の炊きむれが防げます。

    炊飯器の時は、米を加え、調味料を加えてから、水分量のメモリまでだし汁を注ぎ、それから大根、鯛をのせて、炊き上げてください。

    1. チダイ(もしくは真鯛の切り身)は洗って水気を取り、竹串で刺し、表面に十文字に飾り包丁を入れる。塩小さじ2(分量外)をまぶし、30分程置く。(鯛が大きい時は、半分に切るなどする)

      米は洗ってざるにあける。

      大根は千切りにする。
    2. 鯛の余分な水分をふきとり、グリルで10分焼く。(中まで火が通らなくてもよい。表面がうっすらと焦げ、香ばしくなれば良い)
    3. 鍋に米を入れ、大根を敷き、その上に鯛を載せる。A

      薄口醤油 大さじ1弱、酒 大さじ1、みりん 大さじ1、塩 小さじ1/2

      に昆布だしを加えて420mlにしたものを注ぎ、強めの中火にかける。
    4. 沸騰して、7分後に弱めの中火にして15分加熱し、火を止める。15分蒸らしたら三つ葉三つ葉もしくは木の芽を散らす。
    5. 配膳する時は、鯛を取り出して骨を外す。ご飯を混ぜ、身をほぐし入れて軽く混ぜます。
    3 18
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「炊き込みご飯 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。