七夕の揚げ菓子【さくべい(索餅)】塩味がクセになる美味しさ!

15

2021.07.07

分類デザート

調理時間: 15分

ID 416765

金子美和(さとみわ)

体に優しくて美味しい♡

奈良時代に中国から伝わり七夕の日に食べていたという揚げ菓子【さくべい】
我が家では子供たちが大好きで
毎年作っています。

米粉に強力粉を加えているので、
もちふわッな食感です。
塩味がなんともいえずクセになる美味しさ。
お好みで砂糖をまぶして食べてもいいですが、
私はこのままで食べるのがお気に入りです。

米粉を使っているので、米油で揚げると相性がとってもよく香ばしさとカリッとした食感がすごく美味しいですよ☆

    材料

    4人分(小さめ12個分)
    A
    米粉 150g
    A
    強力粉 50g
    A
    ベーキングパウダー 3g
    A
    3~4g
    100~150ml
    米油 大さじ2~

    作り方

    ポイント

    生地は柔らかくてまとめやすい生地になっています。

    柔らかすぎる場合は打ち粉で米粉(分量外)をふって作業するとやりやすいです。

    小さめのフライパンを使って揚げ焼き風に焼くと、全体がキツネ色に香ばしく焼き上がります。
    塩は3gだとほんのり塩を感じ、4gだと塩気をしっかり感じる味わいです。
    このまま食べるなら塩4gで作ると塩気がクセになる美味しさ!
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. ボウルにA

      米粉 150g、強力粉 50g、ベーキングパウダー 3g、塩 3~4g

      を入れてザックリと混ぜておく。
    2. 水をまず100ml加えて粉と合わせる。
    3. 生地の様子をみながら水を追加して耳たぶくらいの柔らかさにまとめる。
    4. 12等分に丸めたら、棒状にのばしてからねじって縄のように形を作る。
    5. 小さめのフライパンに米油を入れて、作った生地を揚げ焼きする。
    6. 全体がキツネ色になったら取り出して油をきる。
      お好みで砂糖やきな粉などをまぶしてもOKです。
      まぶす場合は熱いうちにまぶしてください。
    2 71

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「揚げもの 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは