レシピサイトNadia

    【茹で豚チャーシュー】柔らか味浸み肉と万能タレが絶品☆

    主菜

    【茹で豚チャーシュー】柔らか味浸み肉と万能タレが絶品☆

    お気に入り

    124

    • 投稿日2021/08/08

    • 更新日2021/08/08

    • 調理時間45

    我が家で作り置きで作っている茹で豚チャーシューですが美味しすぎてすぐに食べきってしまう(作り置きにならない)ほど大好評の一品。 豚肉も美味しいですが、タレが絶品! このタレで味付けすると野菜炒めも照り焼きチキンもスープも、炊き込みご飯もすごく美味しく仕上がるのでぜひ使ってみてください。

    材料4人分

    • 豚ロース塊肉
      500g
    • 小さじ1
    • ネギ(青い部分)
      15㎝程度
    • A
      醤油
      100ml
    • A
      みりん
      大さじ2
    • A
      砂糖
      大さじ1.5
    • A
      八角
      1個(無しでも可)
    • A
      生姜スライス
      5枚

    作り方

    ポイント

    アクを丁寧に取り除くことで、茹でたあとのスープまで美味しく仕上がります。 スープは肉の旨味と塩分があるので、味付けするときに塩辛くならないよう気をつけてください。 お肉はかたまりのまま煮汁に漬けておきます。 カットしたお肉は漬けておくと味が濃くなり辛くなるので別の容器に保存してください。 茹で汁を使ってラーメンのスープを作ると絶品です。 この時、味付けに漬け込み醤油タレで味付けするとさらに美味しく仕上がります。

    • 豚ロース塊肉を圧力鍋に入れ水をかぶるくらいまで入れ塩とネギ(青い部分)を加える。

      工程写真
    • 1

      火にかけて出てきたアクを丁寧に取り除く。

      工程写真
    • 2

      アクが取れたら圧力鍋の蓋をして加圧する(高圧で20分加圧) 加圧後は20分ほど自然冷却して冷ます。 茹で汁はスープに使ってください。 (とくにラーメンのスープは絶品!) ※圧力鍋がない場合は、蓋つきの深さのある鍋に入れてアクを取り除いたあと蓋をして弱火で1時間ほど茹でれば同じように作れます。

      工程写真
    • 3

      茹で豚がちょうど入る大きさの鍋にA 醤油100ml、みりん大さじ2、砂糖大さじ1.5、八角1個、生姜スライス5枚と茹で豚を入れ火にかける。 沸騰したらすぐに火を止める。

      工程写真
    • 4

      保存容器に煮汁と茹で豚を入れて保存する。 お肉は冷蔵庫で5日保存可能。 タレは冷蔵庫で1週間保存できます。 ※漬け込んでいるタレは美味しい調味料になります。 照り焼きのタレ、スープの味付け、炊き込みご飯の味付けなど、コクのある甘味醤油としてお使い下さい。

      工程写真
    • 5

      ゆで卵を作りタレに漬けておけば、煮卵風のゆで卵ができます。こちらも美味しいのでおすすめです。 ※ゆで卵を漬けておく場合、ゆで卵は2日以内に食べてください。

      工程写真
    レシピID

    418851

    「豚肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「チャーシュー・焼き豚」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    金子美和(さとみわ)
    Artist

    金子美和(さとみわ)

    2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

    「料理家」という働き方 Artist History