秋の味覚【生落花生の塩茹で】茹で方の基本~保存まで

35

2021.09.26

分類副菜

調理時間: 35分

ID 422509

おうち薬膳 村上華子

身近な食材で体を整える、おいしい薬膳ごはんとおやつ

毎年秋になると「生落花生」が売っていますね。塩茹でした落花生は、ローストしたものとは違う、ホクホクとした優しい味わいが魅力です。今の時期だけの貴重な楽しみですね。茹でたてをそのまま食べる、お粥に入れる、お砂糖で甘く煮て豆花のトッピングなど。薬膳ごはんでもたくさんの味わい方があります。

【薬膳メモ】
落花生が持つ本来の働きが発揮できるのは、生を茹でる食べ方!食欲不振、貧血、乾燥性の便秘、母乳の不足などの方におすすめです。とはいえ食べ過ぎると逆に消化不良を起こすので気をつけましょう。一日数粒(~10粒迄)が適量です。※カビが生えたものは発がん性が高いのでNGです。

    材料

    (市販のもの一袋分/ここでは460g入りのものを使用)
    生落花生 460g
    1リットル
    大さじ2

    作り方

    ポイント

    購入するお店によって内容量がそれぞれ違うと思いますが、落花生がかぶるたっぷりの水を用意して、水の量に対し3~4%の塩を加えます。生の落花生は鮮度が命なので、買ったらすぐに茹でること!その際、しっかり塩を効かせるのがおいしさのポイントになります。
    例)1リットルの水で茹でる場合は塩大さじ2。1.5リットルの水で茹でる場合は塩大さじ3が目安。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. ①殻に根がついているものはハサミで切っておく。
      ②オーブン用シートなどを鍋の直径より一回り小さい大きさに切って、落し蓋を作る。
    2. ボウルに水をはり、生落花生の殻についた泥を落とす。
    3. 大きな鍋に水を入れ火にかける。沸騰したら塩と生落花生を加えて落し蓋をする。弱火にして30分茹でる。
    4. 30分後に茹で加減を味見をして、まだ硬ければ火を止めて10分間の余熱を加える。
    5. ザルに上げて水を切り、粗熱が取れたら殻を割って実を取り出す。
    6. 【保管方法】
      冷蔵で保存する場合は翌日まで。冷凍すれば1カ月は保存可能です。どちらの場合も、ペーパータオルで優しく水気をふき取り、ラップに包んでから保存用袋に入れる。
    3 40

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「おつまみ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは