レシピサイトNadia

    火加減調整いらず!家族が大絶賛『失敗しないローストビーフ』

    主菜

    火加減調整いらず!家族が大絶賛『失敗しないローストビーフ』

    お気に入り

    98

    • 投稿日2022/11/30

    • 更新日2022/11/30

    • 調理時間25(下準備、冷やす時間は除く)

    ★☆イベントにぴったりのごちそうローストビーフ★☆ ローストビーフは火加減の調整が難しいイメージがあると思いますが、こちらのレシピは難しい作業は無しで失敗知らずです。 耐熱ポリ袋に入れて、お湯の中でほったらかし! 絶妙な火通りで、お肉も柔らかくしっとり。 家族が大絶賛したローストビーフをぜひお試しください♪

    材料3人分

    • 牛ももブロック
      350g
    • おろしにんにく
      大さじ1
    • 塩こしょう(またはハーブソルト)
      適量
    • 適量
    • オニオンドレッシング
      適量

    作り方

    ポイント

    ・下準備でお肉を常温に戻すことで、内側までじっくり火が通ります。 ・耐熱ポリ袋にお肉を入れる際は、しっかりと中の空気を抜くようにしてください。空気が残っていると、湯せん時に浮いてくる場合があります。 ・ポリ袋を鍋に入れる際は、必ず火を消した状態で入れるようにしてください。 ・今回ソースはお手軽なオニオンドレッシングを使用しました。

    • 牛ももブロックは冷蔵庫から出し、室温で1時間おく。

    • 1

      肉の表面の余分な水分をペーパータオルでおさえ、おろしにんにくと塩こしょう(またはハーブソルト)を全面にすりこむ。

      工程写真
    • 2

      フライパンに油を熱し、すべての面にこんがりと焼き色がつくまで焼いて取り出す。 ※強火で各面を1分ずつを目安に。

      工程写真
    • 3

      深めの鍋にお湯を沸騰させる。

    • 4

      焼いた牛肉を耐熱ポリ袋に入れ、袋の中の空気を抜いて上の方で口を結ぶ。 ※深めのボウルに水を張り、袋を沈めると水圧で空気が抜ける。 ※耐熱ポリ袋はアイラップを使用しました。

      工程写真
    • 5

      ボコボコとお湯が沸騰したら鍋を火からおろし、袋を入れる。袋が浮いてくる場合は耐熱皿などをのせて重石をし、そのまま20分置く。

      工程写真
    • 6

      湯から袋を取り出して、1時間以上冷蔵庫で冷やす。 ※温かいうちに切ると肉汁が流れ出してしまいます。

    • 7

      できあがったお肉を薄切りにし、オニオンドレッシングをかける。

    レシピID

    449338

    「牛肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    Akka(あっか)
    Artist

    Akka(あっか)

    『耐熱ポリ袋・耐熱ガラス容器を使った時短料理』 食べることも作ることも大好き!! 兵庫県在住。2人の男の子の母です。 ■Instagram→@iwrap_cooking フォロワー11万人 <テレビ出演> ・KSB瀬戸内海放送「ニュースパークKSB」 ・eo光TV「 ナジャグランディーバのチマタのハテナ」 【レシピ発信の想い】 子どもが生まれ、おいしいごはんを食べて健康に過ごしてほしいという想いから料理を学び始めました。 現在は、保育園で給食を作りながら Instagramを中心にSNSでレシピ発信をしています。 忙しい日々でも、料理工程や洗い物を減らして効率的においしいごはんが作れるようなレシピをご紹介したいと思います。 少しでも皆さまの貴重な時間と心に余裕が生まれるよう、お役に立てると嬉しいです。 「手間はかけないけど、味もちゃんとおいしい」がモットーです!!

    「料理家」という働き方 Artist History