注目ワード豆乳×スープ×ヘルシー卵×丼クッキー×簡単ビビンバきゅうり×大量消費

調味料・スパイス、ハーブの基礎  | 調味料

砂糖の種類と特徴|グラニュー糖、上白糖、三温糖、きび砂糖、てんさい糖、粉砂糖、氷砂糖

キーワード:
料理の基礎黒糖調味料砂糖グラニュー糖上白糖三温糖きび砂糖てんさい糖

グラニュー糖、上白糖、三温糖、きび砂糖、てんさい糖、粉砂糖や氷砂糖などの各種砂糖について解説します。

 

白い砂糖と茶色い砂糖の色の違いは?

砂糖には大きく分けて白と茶の2種類の色があります。この色は製造法による違いです。また、白い砂糖と茶色い砂糖のうち、茶色い砂糖はさらに2つに分けてることができます。それでは、砂糖の色と種類について説明していきましょう。

料理によって使い分けたい基本の砂糖5種

料理やお菓子作りでよく使う砂糖は、以下の5種です。砂糖によって味に特徴があり、向く料理が異なります。

上白糖

どこのご家庭にもある基本の砂糖と言えるのが上白糖。日本で一般的に使われている砂糖です。

さとうきびやてんさいから作られる原料糖を、洗浄・濃縮・ろ過などの製造工程を経て、不純物やミネラルを取り除き、結晶化します。そして、最後に転化糖を加えて作られています。

転化糖を加える前がグラニュー糖で、加えると上白糖です。転化糖を加えることで、しっとりとした砂糖となっています。

上白糖はオールマイティーに使えるので、1種類の砂糖でどんな料理も作りたいという場合は、上白糖がおすすめです。

グラニュー糖

お菓子作りに向いている砂糖です。上白糖よりも純度が高いグラニュー糖。日本で砂糖と言えば上白糖ですが、世界的にはグラニュー糖の方がよく使われています。

コクがなくサラッとした甘さでお菓子作りに最適。また、くせがない甘さなので、飲み物にも◎。コーヒーや紅茶に砂糖を入れるときはグラニュー糖がおすすめです。

三温糖

煮物や照り焼きに使われる砂糖です。三温糖は、上白糖やグラニュー糖を作るときに精製した糖蜜を、何度か加熱してカラメル化して作られる砂糖です。三温糖の袋を空けると、香ばしい香りがします。

三温糖は、和食に使われることが多く、上白糖よりもコクや香ばしさがあるので、煮物や照り焼きにオススメです。

茶色い色は、カラメル化した色なので、黒糖やてんさい糖のように「ミネラルたっぷり」という砂糖ではないので、ご注意を。

きび砂糖

黒糖に近いコクのある砂糖です。黒糖はさとうきびの絞り汁からゴミなどを取り除き作られますが、きび砂糖は、さらに精製して作られます。きび砂糖の色は、ミネラル分を含んでいる証拠です。

きび砂糖は、さらさらした粉末が特徴で、どんな料理にも使えます。また、黒糖に似た風味があるので、黒糖が好きな人におすすめです。

しかし、ピクルス液など色を付けたくない場合や、ジャムなど素材の味を活かしたいときは、不向きです。

てんさい糖

実は超万能な砂糖です。てんさい糖は「さとう大根(てんさい)」から作られる砂糖です。てんさいは、北海道のような寒冷地で育ち、熱帯で育つさとうきびに比べ、身体を温める作用があると言われます。

ミネラル分を除去せずに作るので、ミネラルも豊富。また、てんさい糖には、オリゴ糖も含まれるので腸内環境を整える働きもあります。私も普段の料理にはてんさい糖をよく使っています。

さっぱりとした甘みで様々な料理にも使いやすいのも◎です。しかし、洋菓子作りや色を付けたくない料理には、グラニュー糖や上白糖が良いと思います。

お菓子や果実酒作りに!2種類の砂糖

次に、料理だけでなく、お菓子や果実酒などを頻繁に作る方に欠かせない2種類の砂糖を紹介します。

粉砂糖

お菓子作りの仕上げや、アイシングに使う粉砂糖。グラニュー糖のような純度の高い砂糖を粉にした砂糖です。

グラニュー糖をミキサーにかければ、自分で粉砂糖を作ることができます。

氷砂糖

果実酒作りにかかせないのが氷砂糖です。氷砂糖はショ糖の大きな結晶で、グラニュー糖と同じように純度が高いのが特徴です。

氷砂糖は果実酒や果実シロップ、梅干しなどを作るときに使います。グラニュー糖と比較して、溶けるのが遅いのが特徴です。

砂糖についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

タイムライン

ページの先頭へ