レシピサイトNadia
    デザート

    【ひな祭り】混ぜるだけ!3色豆乳ヨーグルトババロア

    • 投稿日2015/02/27

    • 更新日2015/02/27

    • 調理時間10(冷やし固める時間は除く)

    お気に入り

    144

    市販の抹茶味豆乳やイチゴジャムなどを使い、ただ混ぜるだけなので、気軽に作れます。生クリームなしとは思えないコクがあります。 小さい子供にも安心です。

    材料2人分(200ccの容器2個分)

    • ゼラチン
      5g
    • 熱湯
      50cc
    • ★緑のババロア
    • A
      抹茶味の豆乳(市販)
      50cc
    • A
      ヨーグルト
      75cc
    • A
      砂糖
      大さじ⒈5
    • ★白のババロア
    • B
      豆乳(無調整)
      50cc
    • B
      ヨーグルト
      75cc
    • B
      砂糖
      大さじ⒈5
    • ★ピンクのババロア
    • C
      豆乳(無調整)
      50cc
    • C
      ヨーグルト
      75cc
    • C
      イチゴジャム
      大さじ2
    • C
      砂糖
      大さじ1/2
    • ★飾り
    • マシュマロ
      4個
    • チョコペン
      適量
    • アラザン
      適量

    作り方

    ポイント

    抹茶の粉は買っても使い切れないので、抹茶味の豆乳を使いました。 ただ混ぜていくだけなので、気軽に3色作ってみようと思えます。

    • 1

      ゼラチンを熱湯に溶かす。

    • 2

      3色のババロアの材料A 抹茶味の豆乳(市販)50cc、ヨーグルト75cc、砂糖大さじ⒈5B 豆乳(無調整)50cc、ヨーグルト75cc、砂糖大さじ⒈5C 豆乳(無調整)50cc、ヨーグルト75cc、イチゴジャム大さじ2、砂糖大さじ1/2をそれぞれ違うボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。

    • 3

      1のゼラチン液をそれぞれに大さじ1ずつ加え混ぜる。

    • 4

      緑のババロアを容器に2等分して入れ、ある程度固まるまで冷蔵庫で冷やす。 (急ぐ時は、冷凍庫に入れても良い)

    • 5

      続いて同様に、白、ピンクの順にいれては固める。 (固めている間、他のババロア液は室温においておけば固まりません。)

    • 6

      マシュマロとチョコペンでおひな様を作ってのせ、アラザンを飾る。

    レシピID

    125343

    質問

    作ってみた!

    • 265680
      265680

      2021/03/02 13:28

      豆乳ではなく牛乳でも大丈夫でしょうか?
    • Yu M
      Yu M

      2019/03/04 11:22

      ゼラチンの量は適切ですか??全く固まらずにひなまつりに間に合いませんでした……

    こんな「ババロア」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「ババロア」の基礎

    「ゼラチン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    河埜 玲子
    • Artist

    河埜 玲子

    医師・料理家・キッズ食育マスタートレーナー

    • 医師
    • 日本キッズ食育協会医学アドバイザー
    • キッズ食育マスタートレーナー

    医師・料理家・日本キッズ食育協会医学アドバイザー・キッズ食育マスタートレーナー。11歳の娘を持つ医師。 「家庭のキッチンで出来る病気予防」をテーマに、忙しくても実現可能な簡単・美味しい健康レシピを提案。食の観点から予防医学を家庭に広げていきたいと思っている。 また、子どものうちに正しい食の知識を身につけることが、将来の健康に非常に重要だということから、子どもの食育を広げる活動も行っている。 子育てをしながら仕事を続ける自らの経験をもとに、 忙しくても、子どもに栄養満点で手作りのお料理を食べさせてあげたいという願いを叶える、栄養バランスが取れる時短・作り置きレシピを発信。 著書 「医師が教える 一品で栄養バランスが取れるレシピ」(SBクリエイティブ)。

    「料理家」という働き方 Artist History