Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】

    とろとろ大根のうま塩煮【#作り置き #煮るだけ #やみつき】 42秒前

    319人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 栄養満点♡たんぱく質重視♡抱えて食べたい♡ほうれん草ナムル♡

    栄養満点♡たんぱく質重視♡抱えて食べたい♡ほうれん草ナムル♡ 8分前

    149人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ビニール袋で楽チン!ザクザク食感*ササミでクリスピーチキン

    ビニール袋で楽チン!ザクザク食感*ササミでクリスピーチキン 15分前

    221人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. *鶏もも肉ときのこのハニー粒マスタードクリーム煮*

    *鶏もも肉ときのこのハニー粒マスタードクリーム煮* 23分前

    146人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. お店の味を越えた?!(笑)虜になる♡ラムレーズンパウンド♡

    お店の味を越えた?!(笑)虜になる♡ラムレーズンパウンド♡ 27分前

    パウンドケーキ型のサイズは何ですか?

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

ゆずスクエア

40
お菓子の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2017.12.12

分類デザート

調理時間: 40分

ID214987

河埜 玲子

忙しい人のための!一品で栄養バランスがとれる優秀レシピ

アメリカの定番お菓子「レモンスクエア」をゆずで作りました。レモンより酸味がマイルドなので食べやすいです。

お菓子 バター ゆず クレハ オーブン キチントさんマチ付きフリーザーバッグ 薄力粉 アメリカ

このレシピをブログで紹介する

材料(15cm×15cmスクエア型1台分 )
A
薄力粉 150g
A
砂糖 30g
A
無塩バター 100g
B
2個
B
砂糖 100g
B
薄力粉 15g
B
ゆずの果汁 大さじ2
B
ゆずの皮(すりおろし) 1/2個分
粉糖、アラザン 各適量
ゆずの皮(みじん切り) 適量
作り方
Point!
タルト生地は、フリーザーバッグを使うので、手やボウルが汚れません。クッキングシートの型を使うのでスクエア型を持ってなくても作れます。 型の作り方は「チョコレートの型の作り方」を参照ください。https://kurelife.jp/products/cookingsheet-use/
  1. キチントさんマチ付きフリーザーバッグに、Aの薄力粉、砂糖を入れてジッパーをしめて振り混ぜます。Aのバターを1cm角に切って入れ、外から手でもんで混ぜます。
  2. ひとまとまりになったら取り出し、キチントさんクッキングシートで作った型の底にしきつめます。フォークで全体に穴をあけ、180℃に予熱したオーブンで15分焼きます。
  3. ボウルにBの卵と砂糖を入れて、泡立てないように、よく混ぜ合わせます。残りのBの材料を記載順に加えてその都度よく混ぜます。
  4. 【2】のタルトの上に【3】を流し入れ、180度のオーブンで10分焼きます。焼けたら型からはずしてよく冷まし、四角く切り分け、粉糖をふり、柚子の皮・アラザンを散らします。
12 40
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  2. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  3. PR 【PR】寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方
    寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方 この特集を読む
  4. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

クレハ

似たレシピをさがす Similar Recipe

キチントさんマチ付きフリーザーバッグ×クレハ (5) 卵×ヨーロッパ (5) お菓子×豆 (3) ゆず×魚介 (3) アメリカ×鶏胸肉 (3) オーブン×麺 (3) クレハ×鶏もも肉 (3) バター×鶏ひき肉 (3) 薄力粉×食パン (3)
もっと見る

「クレハ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents