レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

タイム香るオイスターチャウダー

汁物

タイム香るオイスターチャウダー
  • 投稿日2016/04/07

  • 調理時間30

調理し始めて20分でできてしまう美味しい牡蠣のチャウダーです。ガーリックブレッドを添えて頂くと気分はヘブン~♪です。心も体も温まる脂肪とカロリー控えめのあっさり味のスープです。

材料4人分

  • 牡蠣
    250~300g
  • ポロねぎ(又は関東ねぎ)
    1本
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • にんじん
    2/3本
  • ジャガイモ
    1個200g
  • セロリ
    1本
  • ベーコン
    3~4枚
  • 脂肪分0のミルク
    800cc
  • 薄力粉+水
    各大さじ3
  • コンソメ顆粒
    小さじ1と1/2
  • 無縁バター
    9g大さじ1
  • 小さじ1
  • 白コショウ
    小さじ1/3
  • 月桂樹の葉
    2枚
  • タイム
    乾燥の場合小さじ1
  • 白ワイン又は料理用日本酒
    80cc

作り方

ポイント

"牡蠣を切った汁はボウルで受け止めてすべてを使い切る。美味しい牡蠣の味が楽しめます。 ベーコンと玉ねぎはフライパンで炒めました。炒めたら深鍋に移して手順⑦から始めます。"

  • 1

    ポロねぎは縦半分に切り、葉の境目のところに土があるので水の中で汚れを落とす。5ミリから1センチの角切りにきる。

  • 2

    筋をとったセロリと玉ねぎ、にんじんも5~8ミリ角に切る。ジャガイモは皮をよく洗い5~8角に切る。

  • 3

    ベーコンは1センチ幅で繊維を断ち切るように切る。

  • 4

    健康オイル大さじ1入れてベーコンを炒める。脂はペーパーで吸い取る。ベーコンの脂が半分以上取る。(画像はフライパン使用)

  • 5

    ④に健康オイルを大さじ1入れて玉ねぎを炒める。しんなりしてきたらセロリ、人参を投入。全体に油が絡んだらミルクを投入。

  • 6

    沸騰直前に月桂樹の葉を投入。ふたを閉めて弱火で煮る。タイムの用意。生の場合は枝から葉を根の方向へこそげとり微塵切り。

  • 7

    ワインとタイムを⑤の鍋に投入。12分煮たら薄力粉に同量の水を加えダマが出来ない様によく混ぜる。鍋に入れてトロミをつける。

  • 8

    ふたを閉めて煮ている間に牡蠣を2センチ幅に切る。かなり大きめ。牡蠣から出た汁はボウルに受け止められるようにシンクに置く。

  • 9

    ⑦鍋に牡蠣を投入し塩、コショウ、コンソメ、バターを入れて味を調える。

  • 10

    ぐつぐつ煮立ったらローリエを取り食卓へ持って行きサーブする。

  • 11

    黒コショウ(分量外)を軽くかけてガーリックブレッドを添えて頂くと美味しいです。

レシピID

137057

「玉ねぎ」の基礎

「牡蠣」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

チャウダー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History