レシピサイトNadia
    • 公開日2016/09/24
    • 更新日2016/09/24

    捨てていた部分でもう1品!さんまを骨まで食べつくす!

    塩焼きや刺身で味わいたい旬のさんま。ところで食べ終わった後の骨、取り除いた肝(内蔵)はどうしていますか? 実は捨てずにおいしい1品に生まれ変わらせることができるんです!アイディアあふれる和食レシピでおなじみの高橋善郎さんに、骨や肝のおいしいアレンジ術を教わりました。

    このコラムをお気に入りに追加

    4

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    捨てていた部分でもう1品!さんまを骨まで食べつくす!

    キーワード

    このコラムをお気に入りに追加

    4

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    Nadia編集部おすすめコラム

    関連コラム

    「さんま」の基礎

    このコラムを書いたArtist

    高橋 善郎
    Artist

    高橋 善郎

    1988年神奈川県生まれ。 和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を史上最年少で合格。 素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。 2015年からは農林水産省・JICAの共催事業にも参画し、国内外で日本食・食文化を発信している。 スポーツをこよなく愛し、2016年6月に行われたトライアスロンの大会では年代別準優勝。「食 × スポーツ」を普及する活動も精力的に行っている。 【著書】 「燃やすおかず つくりおき」(学研) 「魔法のココナッツオイル(e-Mook)」(宝島社) 「イケ麺レシピ103」(エイ出版社) 「BRUNO(ブルーノ)の絶賛ホットプレートごはん」(宝島社) 「ココナッツオイルで健康になる! (TJMOOK) 」(宝島社) 「いつもの小麦が不調の原因!グルテンフリー入門 (TJMOOK) 」(宝島社) 【保有資格】 日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ(ANSA) / ビアアドバイザー / おさかなマイスター / ジュニア野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 /食品衛生責任者

    「料理家」という働き方 Artist History