絶品!きのこが旨すぎる炊き込みごはん

20

2020.11.06

分類主食

調理時間: 20分(炊飯時間を除く)

ID 393706

こじまぽん助

分子調理学研究家/ビデオグラファー

ちょっとしたひと手間がきのこの旨味を爆発させる。史上最高に旨い炊き込みご飯をあなたに。

    材料

    4人分
    3合
    しめじ 1パック
    舞茸 1パック
    エリンギ 1パック
    サラダ油 大さじ2
    料理酒 大さじ2
    めんつゆ 大さじ4
    塩こんぶ 大さじ2

    作り方

    ポイント

    ①きのこは大量に低温から焼く
    ②きのこに焼き色をつける
    ③旨味の相乗効果
    1. それぞれ以下のように切っておく
      しめじ、舞茸:石突きを切り落とし、小房に分ける
      エリンギ…食べやすい大きさに切る
      塩こんぶ…細かく刻んでおく
    2. 「サラダ油」
      まずは油っす。
    3. 「しめじ」
      テキトーに割いたものを。
    4. 「舞茸」
      これもテキトーに割いたものを。
    5. 「エリンギ」
      これは包丁使って切ってね。
    6. 「混ぜる」
      まだ火はつけません。あくまでもきのこを全体に均一にしつつ油を絡める目的で。
    7. 「焼く」コツ①
      前半10分は弱〜中火で!きのこの旨味成分は40〜60度で生成されるので、その温度下で一定火入れをします。
    8. 「ひっくり返す」
      5分経ったらひっくり返して...
    9. 「焼く」コツ①
      詳しい理由は動画で語っているので気になる方は動画で!
    10. 「今度は強火!」コツ②
      さっきのは旨味抽出の焼き。ここからは焼き色をつける焼きです。
    11. 「ひっくり返す」
      ある程度焼き色がついたら裏面も焼きたいので。
    12. 「トドメの焼き」
      香ばしく焼いていくよ!
    13. 「目指すべき状態」
      結構茶色くなるまで焼いてOK!
    14. 「米」
      フツーに洗って、フツーの水量を。
    15. 「料理酒」
      味のつなぎの役割です。
    16. 「めんつゆ」コツ③
      きのこのグアニル酸に対してかつおだしのイノシン酸を加えることでかけ算的に旨くなります。
    17. 「塩こんぶ」コツ③
      さらに!こんぶの旨味グルタミン酸を加えることで指数関数的に旨味が爆発します。
    18. 「さっきのきのこ」
      今生の出会いでございますな。
    19. 「炊飯する」
      あとはフツーにポチッと。
    20. 「完成!」
      時間はかかるが手間はそこまで!是非お試しを!
    15 747

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「和食 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。