レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【おせちのキホン】つやつやふっくら黒豆

副菜

【おせちのキホン】つやつやふっくら黒豆
  • 投稿日2018/12/27

  • 調理時間180(浸水時間を除く)

お気に入りに追加

63

しわのないふっくらと艶よく煮上がった黒豆はおせち料理の代表格。 これがきれいに煮上がると、一年イイことがありそうな気がします。 ポイントを押さえれば絶対失敗しません!

材料

  • 丹波産黒豆(新豆)
    200g
  • 砂糖A
    100g
  • 砂糖B
    60g
  • ひとつまみ
  • しょうゆ
    小さじ2杯
  • 1リットル

作り方

ポイント

黒豆最大の成功のコツは、豆選びです。かならず「新豆」を選び、粒が10.5㎜以上のものを選ぶとつやよくふっくら煮あがります。砂糖を2段階に分けて入れることで、豆が固くならずにきれいに煮あがります。

  • ・鉄卵や鉄茄子を準備します。なければ鉄のくぎを錆びさせて、お茶パックに入れておきます。

    工程写真
  • 1

    【前日準備】 鍋に砂糖Aと水1リットルと鉄卵を入れ、火にかけてひと煮立ちさせます。火からおろしたところにさっと洗った丹波産黒豆(新豆)を入れ、ひと晩置きます。 ひと晩おくと右のように豆が1.5倍ほどにふくれます。

    工程写真
  • 2

    ひと晩煮汁に漬けたものを火にかけます。鍋はなるべく厚手のものを使ってください。沸騰したら蓋をずらしてのせ、弱火で1時間煮ます。 【途中、豆が顔を出さないよう適宜水を補充してください。 かならずタイマーをかけてください。】

    工程写真
  • 3

    1時間煮終わったら、砂糖Bとしょうゆ、塩を加えて再び火にかけます。 さらに30分弱火にかけます。そのまま冷まします。 【途中、豆が顔を出さないよう適宜水を補充してください。 かならずタイマーをかけてください。】

  • 4

    【30分弱火にかけて冷ます】を3~4回繰り返します。 冷ますことで味がさらに染み込みます。煮汁にもとろみがつき、豆に絡みやすくなります。ひと晩おくのも立派な工程です。

  • 5

    【その一歩先へ】 豆に刺激を与えないようざるで静かに濾し、煮汁だけ軽く煮詰めます。ある程度の濃さになったら豆を戻します。 水分が少なくなってくると豆が焦げやすいんですが、煮汁だけで煮詰めることで豆が焦げるのを防ぎます。

  • 6

    【黒豆成功のカギ】 黒豆最大の成功のコツは、豆選びです。かならず「新豆」を選び、粒が10.5㎜以上のものを選ぶとつやよくふっくら煮あがります。 【砂糖を2回に分ける理由】 砂糖を2段階に分けて入れることで、豆が固くならずにきれいに煮あがります。

    工程写真
レシピID

369857

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

おせち料理」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

むっちん(横田睦美)
Artist

むっちん(横田睦美)

製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

「料理家」という働き方 Artist History