レシピサイトNadia

    ワインにぴったり♡甘くない『ガトーフロマージュ・サレ』

    デザート

    ワインにぴったり♡甘くない『ガトーフロマージュ・サレ』

    お気に入り

    183

    • 投稿日2019/02/03

    • 更新日2019/02/03

    • 調理時間10(焼き時間を除く)

    ワンハンドチーズケーキアレンジ③ ガトーフロマージュ=チーズケーキ。フランスの片田舎をイメージしたおつまみケーキです。 甘いだけがチーズケーキじゃない!砂糖を使わないおつまみ系のチーズケーキ・サレは、塩気が強いハード系チーズをプラス。 クラッカーでサンドし、生ハムを添えていただきます。キリッと冷やした白ワインやシャンパンと一緒にどうぞ♪

    材料7.8×20.5㎝のパウンド型1台分

    • クリームチーズ
      200g
    • ヨーグルト
      80g
    • 卵黄
      1個(Mサイズ)
    • 全卵
      1個(Mサイズ)
    • グラナパダーノチーズ
      20g
    • コーンスターチ
      大さじ1
    • クラッカー
      12枚
    • くるみ
      50g
    • ホワイトペッパー
      適量
    • 生ハム
      適量

    作り方

    ポイント

    型の大きさによってサブレの枚数は変わります。 はじめにクリームチーズをしっかりとなめらかにすることで、ダマができにくくなります。 生地を流すときはゆっくりと静かに流しましょう。

    • ■クリームチーズを室温に戻しておきます。 ■パウンドケーキ型にオーブンペーパーを敷き、底にクラッカーを裏返しに敷き詰めておきます。 ■グラナパダーノチーズを削っておきます。

      工程写真
    • 1

      ボウルにクリームチーズを入れ、木べらで全体をやわらかくほぐしてからホイッパーに持ち替え、なめらかになるまで混ぜます。

      工程写真
    • 2

      ヨーグルトを入れてぐるぐると混ぜ合わせます。 はじめは分離したような状態になりますが、構わず混ぜ続けるとなめらかな状態になります。

      工程写真
    • 3

      卵黄と全卵を入れて全体がなめらかになるまで混ぜます。

      工程写真
    • 4

      削ったグラナパダーノチーズとホワイトペッパーを挽き入れて混ぜます。

      工程写真
    • 5

      振るったコーンスターチを入れて混ぜます。

      工程写真
    • 6

      くるみを入れ、ゴムベラでざっくりと混ぜ合わせます。

      工程写真
    • 7

      クラッカーを並べて準備しておいた型に生地を流し、型を台に打ち付けて空気を抜きます。上にもクラッカーを並べます。 一度に流すと底のクラッカーが動くので、少しずつ静かに流し込んだください。 【170度に予熱したオーブンで40分焼きます。】

      工程写真
    • 8

      焼きあがりました。このまま粗熱を取り、冷めたら冷蔵庫に入れて3時間以上(できればひと晩)しっかりと冷やしましょう。 【使ったクラッカー】ご参考までに♡ ブルボン 天然酵母のクラッカー 1枚当たり35×68mm 7.8×20.5㎝のパウンド型に5枚並びます。

      工程写真
    • 9

      量が多く見えますが、削りたてで空気を含んでいるからです。写真の量で20gです。 グラナパダーノのほかに、パルミジャーノや市販の粉チーズでも代用可能です。

      工程写真
    • 10

      生ハムを添えて、キリッと冷やした白ワインやシャンパーニュと一緒にどうぞ♪

    レシピID

    371691

    「オーブン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    むっちん(横田睦美)
    Artist

    むっちん(横田睦美)

    製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History