レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

桜塩が決め手🌸『枝豆と桜えびの春色ごはん』

主食

桜塩が決め手🌸『枝豆と桜えびの春色ごはん』
  • 投稿日2019/03/19

  • 調理時間5(炊く時間を除きます)

春を感じる桜の花を使ったごはんです。 塩漬けに使われている塩も、大切な調味料。この桜の香りと風味がしっかりと詰まった塩を使うのが最大のポイント♡ これだけでぐーんとランクアップしたごはんになります。お花見にもぴったりです♪

材料4人分

  • 白米
    2合
  • 2合分
  • 大さじ1.5
  • 桜の花の塩漬け
    6~8輪
  • 桜海老
    大さじ1杯
  • 枝豆
    むいたもの大さじ2杯

作り方

ポイント

■桜のお塩を使うのがポイントです。 ■混ぜ方はざっくりと。あまりこねるように混ぜるとおいしさが半減しちゃうので、あくまでざっくりざっくりです。

  • ▪️桜の花の塩漬けの塩だけ取っておきます。(写真左) 花自体は水に漬けて塩抜きをします。(写真右)抜きすぎるとおいしさも逃げてしまうので、まだすこししょっぱい位でOKです。ものによりますが30分くらいでしょうか… ▪️塩抜きをした花びらを軽くちぎります。

    工程写真
  • 1

    白米を研ぎ、酒とともに炊飯器に入れます。 いつもより少し少なめの水加減で炊きます。

  • 2

    炊きあがったごはんに枝豆と桜海老、「桜の花の塩」と「桜の花の塩漬け」を入れてざっくりと混ぜ合わせます。 このままでも、おにぎりにしても♡

    工程写真
レシピID

373715

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

混ぜご飯」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

むっちん(横田睦美)
Artist

むっちん(横田睦美)

製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

「料理家」という働き方 Artist History