野沢菜とかぼちゃのおやき

30

2020.03.26

分類主食

調理時間: 30分

ID 388455

両角舞

料理研究家/フードコーディネーター/漢方スタイリスト

信州出身なのでたまに食べたくなります。
他に茄子の味噌炒めや切り干し大根、あんこなど包んでも美味しいです。

焼いたものは冷凍できるのでたくさん作って保存しても。

    材料4人分(各4個ずつ)
    薄力粉 90g
    強力粉 70g
    ひとつまみ
    A
    熱湯 110g
    A
    サラダ油 小さじ1
    かぼちゃ 180g(皮付き)
    砂糖 大さじ2
    醤油 大さじ1/2
    野沢菜 150g
    ごま油 小さじ1
    醤油 小さじ1
    みりん 小さじ2
    砂糖 小さじ2
    ごま油 大さじ1
    作り方
    Point!
    かぼちゃあんの固さ、甘さはかぼちゃの水分量にもよると思うので味を見つつ調整してください。
    レシピは甘さ控えめ、素朴な仕上がりになっています。

    野沢菜炒めは水分が多いと包んだ後に染み出してくることがあるので水気をしっかり切ってください。
    1. 薄力粉、強力粉、塩をボウルに入れ混ぜ合わせ、A

      熱湯 110g、サラダ油 小さじ1

      を加えてゴムベラで押さえるようにして混ぜる。
      全体的に混ざってきたら火傷に気を付けつつ手でひとまとめになり表面が滑らかになるまでこねる。

      ラップで包んで常温で30分休ませる。
    2. かぼちゃあんを作る。
      かぼちゃは種を取り皮ごと3センチ角くらいに切り、少しかぶるくらいの水と一緒に鍋に入れて蓋をし中火で5分ほど茹でる。
      潰せるくらいに柔らかくなったらゴムベラなどで潰し、砂糖大さじ2と醤油大さじ1/2を加えよく混ぜる。
      バットなどに移し粗熱を取り4等分にして丸めておく。
    3. 野沢菜炒めを作る。
      野沢菜は粗みじん切りにする。
      フライパンにごま油小さじ1を熱し野沢菜、醤油小さじ1、みりん小さじ2、砂糖小さじ2を加え炒める。
      水分がほぼなくなるまで炒め、バットなどに取り出して粗熱を取る。
    4. 1の生地を8等分して丸め、それぞれ直径10センチ程度に伸ばす。麺棒を使っても良いですが柔らかいので手で引っ張って広げるようにしても伸ばせます。
      中央を厚め、端を薄めにすると包みやすいです。
    5. 伸ばした生地の中央に丸めたかぼちゃあんを乗せ、生地の端を寄せ集めながら包んできゅっとつまんで閉じる。
      同様に野沢菜炒めも1/4量ずつ包む。

      ※野沢菜炒めが水っぽい時はしっかりと水気を切って包んでください。
    6. フライパンにごま油大さじ1を熱し、包んだ生地を閉じた面を下にして並べ入れて中火で両面焼き色が付くまで焼く。
      生地同士がくっつくと破れやすいので注意。

      水50ccを加え、蓋をして5分蒸し焼きにする。
      蓋を開けて水分を飛ばし、パリッと焼き上げる。
    14 134
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「おやき 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。