Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 5分で完成!節約*豆苗のピリ辛中華炒め

    5分で完成!節約*豆苗のピリ辛中華炒め 33分前

    豆苗がこんなに美味しいとはびっくりです♬リピしたい♪ご馳走さま☆感謝♡

  2. チキンとかぼちゃのチーズ焼き【#簡単 #男子が喜ぶ】

    チキンとかぼちゃのチーズ焼き【#簡単 #男子が喜ぶ】 44分前

    166人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. むね肉がジューシー♡美味しい♡鶏の山賊焼き

    むね肉がジューシー♡美味しい♡鶏の山賊焼き 57分前

    138人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 作り置きや冷凍保存に♪『白菜と切り干し大根のミネストローネ』

    作り置きや冷凍保存に♪『白菜と切り干し大根のミネストローネ』 2時間前

    REIさーん♡こちらもありがとうございます♪ショートパスタ入りも、絶対美味しいですねー!それだけでお腹いっぱいになりそうだし、ダイエットに良さそう..._φ( ̄ー ̄ )←メモる。笑 これからの季節、スープが大活躍ですよね♪ぜひ、また作ってくださいね!!器もとっても可愛いです♡

  5. 水戻し不要♪『切り干し大根と水菜のマヨポンサラダ』

    水戻し不要♪『切り干し大根と水菜のマヨポンサラダ』 2時間前

    REIさーん♡お元気でしたかー!?またコメント頂けて嬉しいです♪そして、こちらもお試しいただき、ありがとうございますー!柚子胡椒加えることで、豆苗も食べやすくなりますよね♪旦那様もモリモリ食べてくださったようで、とっても嬉しいです♡そして、いつもお忙しい中、美味しそうな飯テロ画像までつけていただき、ありがとうございます♡笑 朝からビール飲みたくなりました。笑

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

トマト缶で作る、ヘルシーなキーマカレー

25

2014.12.26

分類

調理時間: 25分(材料を切る時間は含まれていません)

ID122559

本村 美子

毎日の食卓を、ちょっとオシャレに美味しく

トマト缶の水分で作る、野菜たっぷりのキーマカレーです。野菜を小さくカットしてあるのと、市販のカレールーを使うことで、短時間でもコクのある仕上がりになります。とろみがあるので、ナンに合わせても、ご飯にのせて、ドリアにしても美味しいです。

ブランチ カレー ホーロー鍋 子供 豚ひき肉 ヘルシー 時短

このレシピをブログで紹介する

材料(4人分)
豚挽き肉 150g
にんにく 1かけ
生姜 1かけ
A
人参 中1/2本(100g)
A
玉ねぎ 中1こ(200g)
A
じゃがいも 中1こ(150g)
A
セロリ 50g(あれば)
トマト缶(カットタイプ) 1缶(400g)
カレールー 4皿分(約70g)
カレー粉 お好みで
ガラムマサラ お好みで
作り方
Point!
入れるお野菜は、家にあるお野菜にかえてしまっても大丈夫です。ただ、にんにく&生姜は、必ず入れて下さい。お子さんがいる家庭では、甘口のカレールーで作って、食べるときに、カレー粉やガラムマサラで辛さを調節して下さい。
  1. にんにく・生姜は、みじん切りにする。
    Aの野菜は全て、5~8mm角に切る。
  2. 鍋にサラダ油 小1(分量外)と、にんにく、生姜のみじん切りを入れて、弱火にかける。
  3. 香りが出てきたら、挽き肉を加えて炒める。

    炒めはじめは、油が濁っていますが、しばらく炒めていると、油が透明になってきます。
  4. Aの野菜を加えて、油が全体にまわるように炒める。
  5. 100ccの水(分量外)を加えて、蓋をして、弱火で10分蒸し煮にして、野菜に火を通す。
  6. 蓋を開けてトマト缶を加え、全体を混ぜたら、再び蓋をして、5分煮込む。
  7. カレールーを入れて溶かしたら、完成です。
  8. お好みで、カレー粉やガラムマサラを加えて、スパイシーさを追加してください。

    一味唐辛子を加えても、パンチが出ますよ(^^)
8 61
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×カニかまぼこ (12) 子供×すし酢 (10) 時短×チーズ焼き (10) カレー×麺類 (3) ブランチ×カポナータ (3) ホーロー鍋×鶏ささ身 (3) 豚ひき肉×黒酢 (3)
もっと見る

「キーマカレー トマト缶 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents