型不要!復活祭のパテ(ベリー地方のミートパイ)

60

2019.04.07

分類主菜

調理時間: 1時間 0分

ID 374425

加瀬 まなみ

いちばんやさしいスペイン料理

フランスのイースターは子羊のソテーが主流ですが、中央に位置するベリー地方で古くから食べられているのは「Pate de Paques berrichon」
ミートローフのパイ包み焼きといったところでしょうか。通常はパート・フィユテ(折り込みパイ生地)を使用しますが、市販のパイシートを使えば手軽に挑戦できます。

    材料(8切れ分)
    挽肉(合挽) 300g
    小さじ1
    A
    ロースハム 80g
    A
    タマネギ 1個
    A
    マッシュルーム 1パック
    A
    パン粉 25g
    A
    ナツメグ 小さじ1/4
    パイシート(冷凍) 300g
    茹で卵 4個
    作り方
    Point!
    本来はパウンド型などで作るお料理ですが、空間や穴のできにくい形にアレンジしました。
    焼きあがりすぐにカットせず、粗熱をとって肉汁を安定させてから切り分けます。
    1. ロースハム・タマネギ・マッシュルームはみじん切りにし、しんなりするまで炒めます。
      パン粉は赤ワイン(または牛乳)大さじ2を浸します。
      茹で卵は縦半分にカットします。
    2. 挽肉(合挽)・塩を粘りがでるまで捏ね、白っぽくなったらA

      ロースハム 80g、タマネギ 1個、マッシュルーム 1パック、パン粉 25g、ナツメグ 小さじ1/4

      を混ぜます。
    3. パイシートは常温にし、麺棒でのばして丸型を2枚とります。
      今回は24cmのフライパンの蓋を使いました。
      1枚のパイの上に1をのせ、淵を1~2cm残して広げます。
      ここに茹で卵を並べます。
    4. もう1枚のパイはひとまわり大きく伸ばし、2にかぶせます。
      淵にフォークを押し付け、しっかり閉じます。
    5. 切り分けやすいように軽く切り込みを入れ、表面に溶き卵(または牛乳)少量を刷毛で塗ります。
      写真では、切り落としたパイを花の型で抜いて飾りました。
      180℃に予熱したオーブンに入れ、30~40分焼きます。
    38 190
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ミートパイ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。