レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

簡単満足!トルティーヤで『韓国風焼肉ラップサンド』

主食

簡単満足!トルティーヤで『韓国風焼肉ラップサンド』
  • 投稿日2021/04/08

  • 調理時間20

お気に入りに追加

1447

オールドエルパソ フラワートルティーヤを使用した、お弁当にもぴったりの焼肉ラップサンドです♪ 焼肉のたれで手軽に味付けした甘辛肉に、レンチンで作ったナムルを合わせてトルティーヤで巻きました(^^)/ とてもおいしくておすすめの一品です!ぜひお試しください!

材料4人分

  • オールドエルパソ フラワートルティーヤ
    4枚
  • 牛薄切り肉
    200g
  • 玉ねぎ
    1/4個(80g)
  • もやし
    1/2袋(90g)
  • ほうれん草
    小さめ2~3株(80g)
  • にんじん
    1/4本(30g)
  • サニーレタス
    2~3枚
  • A
    白ごま
    小さじ2
  • A
    ごま油
    小さじ1
  • A
    鶏がらスープの素、しょうゆ
    各小さじ1/2
  • ごま油
    大さじ1/2
  • B
    焼肉のたれ(中辛)
    大さじ3
  • B
    豆板醤
    小さじ1/4(お好みで)
  • 塩、こしょう
    適量

作り方

ポイント

お弁当にする際は、ラップをしたまま半分に切って持っていくのがおすすめです! 食べる際に電子レンジで軽く温めなおすと、よりおいしく頂けます♪ #ジェネラルミルズタイアップ

  • オールドエルパソ フラワートルティーヤはお好みで焼いておく。 (油をひかずにフライパンに1枚ずつトルティーヤを入れ、弱火~中火で両面焼き色がつくまで焼けばOK!)

  • 1

    ほうれん草はよく洗い、3cm幅に切って水に5分ほどさらし、水気をしっかりと絞る。 にんじんは皮を剥き、細切りにする。 ボウルにもやし、にんじん、ほうれん草を入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。

    工程写真
  • 2

    加熱が終わったら流水で冷やし、水気をきつく絞る。 ボウルに戻し、A 白ごま小さじ2、ごま油小さじ1、鶏がらスープの素、しょうゆ各小さじ1/2を加えてよく和える。

    工程写真
  • 3

    牛薄切り肉は食べやすい大きさに切る。 玉ねぎは細めのくし形切りにする。

    工程写真
  • 4

    フライパンにごま油を熱し、玉ねぎを加えて中火で3分ほど炒めたら、牛肉を加え、火が通るまで炒める。 B 焼肉のたれ(中辛)大さじ3、豆板醤小さじ1/4を加えてしっかり煮絡める。全体に調味料がなじんだら、塩、こしょうをふり、火を止める。

    工程写真
  • 5

    ラップを敷いた上にトルティーヤを1枚のせ、サニーレタスを食べやすい大きさにちぎってのせる。 2のナムルと4の甘辛肉をのせ、手前からきつく巻いていく。 同様にあと3本も作る。

    工程写真
  • 6

    半分に切って器に盛る。

    工程写真
レシピID

409552

「玉ねぎ」の基礎

「にんじん」の基礎

「牛肉」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

焼肉」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

ゼネラルミルズ様オールドエルパソ2020レシピ
「料理家」という働き方 Artist History