レシピサイトNadia
    デザート

    レンジで作る☆どっしり濃厚ガトーショコラ

    • 投稿日2021/02/11

    • 更新日2021/02/11

    • 調理時間10(冷やす時間は除く)

    お気に入り

    1569

    お子様の友チョコ作りに頭を悩ませる お母様達に朗報です♪ 毎年のように、母がいちばんぐったりするあの友チョコ作りから解放されたくて(^.^)超簡単に出来るケーキにしてみました。 レンジで作れるガトーショコラ♪ 写真は地味だけど 見た目よりずーっと美味しいですよ! 材料は5つのみなのにしっかり!どっしり!濃厚〜!甘さの中にほんのり塩気もあり食感もなめらか。 レンジで作ったとは思えないほど本格的。 大切な人にプレゼントしたくなるくらいの美味しさですので、ぜひぜひお試しくださいね(^ ^)

    材料4人分容量700㎖、15.5㎝×15.5㎝×5.5㎝の容器 1台分

    • 板チョコ
      3枚
    • バター(有塩)
      60g
    • A
      1個
    • A
      生クリーム(動物性)
      大さじ3
    • A
      ホットケーキミックス
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    •板チョコはミルクチョコレートを使用。 •生クリームは牛乳で代用可能です。 •レンジ加熱後は容器が熱くなっているので気をつけて取り出してくださいね。 •冷やす前にカットすると崩れやすいので必ず冷蔵庫で休ませてください。 •冷蔵庫から取り出したら常温にもどしてからお召し上がりください(出したばかりは固いので)

    • 耐熱容器にクッキングシートをひく。

      工程写真
    • 1

      耐熱ボウルに割った板チョコ、バター(有塩)を入れふんわりラップをしてレンジ600wで1分30秒加熱する。取り出しなめらかになるまで泡立て器で混ぜる。

      工程写真
    • 2

      1のボウルにA 卵1個、生クリーム(動物性)大さじ3、ホットケーキミックス大さじ2を加えて混ぜる。

      工程写真
    • 3

      2を容器に流し入れ、表面をゴムベラなどで平らに整える。

      工程写真
    • 4

      ふんわりラップをし、レンジ600wで4分加熱する。粗熱がとれたら型から取り出しラップで包む。冷蔵庫で2〜3時間ほど冷やしてからいただく。

      工程写真
    レシピID

    406900

    質問

    作ってみた!

    レビュー(3件)
    • 712016
      712016

      2023/02/12 11:50

      バターは無塩でもいいですか?
    • キャリキャリ
      キャリキャリ

      2021/11/09 18:24

      板チョコは1枚何gの物を使っていますか?
    • 青い蜜柑
      青い蜜柑

      2021/02/12 13:58

      早速作りました♪ 簡単過ぎレシピで半信半疑でしたが、 見事に覆されました!美味しすぎて つまみ食いばかりに。可愛くラッピング して主人と息子にあげます❤️

    このレシピが入っている特集

    バレンタイン特集

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「ガトーショコラ」に関するレシピ

    「生クリーム」の基礎

    「チョコレート」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ちおり
    • Artist

    ちおり

    料理家

    北海道札幌市在住。 食べることが大好きな19歳と15歳、2人の娘の母です。働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは32万人超(2023年2月現在)となりました。 皆さんいつもありがとうございます^ ^ 【著書】 2023年2月16日に 新刊 ちおり流くり返し作りたいおかず📗が 発売されました😊手に取っていただけると 嬉しいです。 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 おかげさまで書籍累計10万部を突破しました🙇🏻‍♀️ Instagram→@chiori.m.m 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 レシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

    「料理家」という働き方 Artist History