レシピサイトNadia
    副菜

    ひじきの煮物 正統派

    • 投稿日2016/03/27

    • 更新日2016/03/27

    • 調理時間5(戻し時間&加熱時間を除く。)

    お気に入り

    5662

    毎日のおかずにお弁当にと日本の食卓に欠かせないひじきの煮物ですが、コンビニ弁当をはじめ、多くの場合、砂糖を加えて味付けされています。私は、食卓に頻繁に登場させるメニューはなるべく砂糖を使わない味付けをするようにしています。このひじきの煮物のレシピもそのひとつです。

    材料4人分

    • 芽ひじき
      15g
    • 大豆の水煮
      1袋(155g)
    • にんじん
      1/2本
    • 油あげ
      小1枚
    • だし
      1カップ
    • しょうゆ
      大さじ2と1/2
    • みりん
      大さじ3
    • 大さじ2
    • ごま油
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    砂糖を使わず、その代わりにみりんで調理するだけで十分な甘味を引き出すことが出来ます。大豆は、薄味にしてお豆の味がしっかり残る方が塩分を抑えることが出来て、よりヘルシーです。

    • ・にんじんと油あげはせん切りにしておきます。 ・芽ひじきはあらかじめ水で戻しておきます。

    • 1

      鍋を中火で熱し、ごま油を敷いてから、水で戻しておいた芽ひじきを軽くすすいで水気を切り、鍋に入れ、にんじんと油揚げも加え、しばらく炒めます。

    • 2

      1に酒を回しかけ、さらに炒めます。

    • 3

      ここで、だしを入れます。 次に、しょうゆとみりんを加えて10分程中火で煮込んでいきます。

    • 4

      最後に大豆の水煮を加えて、全体を混ぜ合わせてから、さらに5分程煮込んでいきます。

    • 5

      火を止めて蓋をして、10分ほど蒸らすと味付けがしっかりつきます。

    レシピID

    137258

    質問

    作ってみた!

    • ペグジージ
      ペグジージ

      2024/01/13 19:12

      作って見ました。 優しい味でとても美味しかったです。 嫁さんも気に入ってくれました。
    • 831362
      831362

      2023/12/06 17:31

      安定の旨さ! 家族も大好きな一品です🙌
    • 863882
      863882

      2023/02/28 12:07

      味付けが少し濃くなっちゃいました😿
    • Yococo
      Yococo

      2022/06/29 12:27

      ひじきが苦手な旦那さまも たくさん食べてくれました♪ また作ります☆
    • 269852
      269852

      2021/09/20 16:15

      ダシは本だしでしょうか?

    こんな「煮もの」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「大豆」の基礎

    「油揚げ」の基礎

    「にんじん」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    豊田 亜紀子
    • Artist

    豊田 亜紀子

    家庭料理研究家

    家庭料理研究家&クリエイター 料理教室 Pinkish Rose Club 主宰 <フード資格> 野菜ソムリエ アスリートフードマイスター 薬膳アドバイザー スパイス香辛料アドバイザー スパイスインストラクター メディカルハーブカウンセラー ハーブライフインストラクター <その他の資格> パーソナルカラーアナリスト/イメージコンサルタント/ 実用英語検定準1級/日商簿記2級/華道師範 <自己紹介> 日本と世界の家庭料理(アメリカ料理専門)、及び、スパイスとハーブ料理のレシピをご紹介しております。 40~50代の主婦層を中心に支持されている二児の母。 Hiphop・Jazz・R&B・Soul music lover♡ <現在の活動> 大手食品メーカーのスパイスレシピ開発をメインに活動中。 また、カラーイメージコンサルタントとして、色彩を整えることに特化しており、料理の全体構成・企業様のブランディングのイメージメイキング作成のお手伝いを致します。 また、経済、会計等の知識も持ち合わせております。 <注記> 統計を正しく把握するため、自身のブログ及び各サイトにおいてもフォローを『0』数値に設定しており、相互フォローは一切行っておりません。宜しくご了承下さい。

    「料理家」という働き方 Artist History