注目ワードハロウィンりんごえのき白菜煮込み料理

Nadia Artistのレシピ数:38,688レシピ

2016.07.25

【枝豆の塩ゆでのコツ】ほくほく&プリプリに仕上げて極上枝豆を楽しむ

キーワード
子供 シニア 簡単 ちくわ ビールに合うおつまみ お盆 夏野菜 枝豆

ゆでたての枝豆は、この時期ならではのごちそう。「塩ゆでする」というシンプルなレシピだけど、ちょっとした手間をかけるだけで俄然、おいしくなっちゃいます! 料理研究家の島田まきさんに下処理からゆで方、アレンジレシピまでレクチャーしていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

 

たんぱく質・カルシウム・ビタミンCが豊富な枝豆

大人も子どもも大好きな枝豆。とくに、ゆでたてのおいしさは格別!濃い豆の味と香り、ほくほく&プリプリの食感に、つい手が止まらなくなってしまいます。

そんな、この季節ならではのお楽しみ・枝豆は、じつは大豆が熟す前の未熟果。それが江戸時代から枝豆として食べられるようになり、専用の品種も誕生。今では200種類以上もあるのだとか。

枝豆は良質のたんぱく質やカルシウムが豊富で大豆同様に栄養価が高く、大豆にはないビタミンCもたっぷり。また、アルコールの分解を促進するアミノ酸メチオニンも含まれています。夏の最強コンビ「ビールと枝豆」は相性抜群で体にもやさしい、理にかなった組み合わせというわけです。今夜のおつまみは決まりですね!

 

枝豆の選び方や下処理、おいしいゆで方

枝豆は豆がふっくらとしていて、さやにうぶ毛がきれいについているものが味がよく、新鮮とされます。また、おいしく味わうにはゆで方にもポイントが。ぜひマスターしましょう!

 

1.さやの両端を切る

枝つきのものはさやを切り離し、さやの両端をハサミで切ります。枝豆はさやごとゆでるため、端を切ることで塩味がつきやすくなります。

 

2.塩もみする

枝豆1袋に対して大さじ1ほどの粗塩をもみ込みます。塩もみすることでうぶ毛を落とし、味が染み込みやすくなります。また、ゆで上がりもふっくらします。

 

3.たっぷりの湯でゆでる

深めの鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を洗い流さずにそのまま投入。ときどきかき混ぜ、3~4分ゆでます。鍋の中で対流が起きるぐらいの湯量があると、よりおいしくゆで上がります。

 

4.ざるに上げ、熱いうちに塩をふる

さやの口が1つ、2つ開いたら、ゆで上がりのサイン。

ざるに上げて、塩気が足りなければ熱いうちに塩をふり、そのまま自然に冷ましましょう。

■ポイント
・ざるに上げるとき「まだ豆が固いかな?」と思っても余熱で火が通ります
・ゆですぎると食感が悪くなるうえ、うまみや栄養も流れ出てしまうので要注意




ゆでたての枝豆はついつい手が伸びてしまう絶品ですが、ちょっとしたひと手間で気の利いたおつまみにもなるんです。いつもの枝豆もいいですが、たまにはアレンジレシピにも挑戦してみてくださいね。



参考レシピ
枝豆と竹輪の海苔風味




 

この記事の監修

料理研究家・漢方アドバイザー・調理師 島田まき
https://oceans-nadia.com/user/27964

写真:吉田朱里 文:芝 真紀子

キーワード
子供 シニア 簡単 ちくわ ビールに合うおつまみ お盆 夏野菜 枝豆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

おすすめ記事

関連記事

ページの先頭へ