Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. おつまみ副菜♪『しっとりささ身ときゅうりの梅塩こんぶ』

    おつまみ副菜♪『しっとりささ身ときゅうりの梅塩こんぶ』 1分前

    167人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】

    豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】 4分前

    243人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ズッキーニと挽き肉のピリ辛おつまみ

    さっちん さんがレシピを投稿しました!5分前

  4. オクラとささ身の香味ポン酢サラダ【#作り置き#レンジ】

    オクラとささ身の香味ポン酢サラダ【#作り置き#レンジ】 6分前

    107人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 簡単!裏技de超やわらかサラダチキン

    簡単!裏技de超やわらかサラダチキン 16分前

    155人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

簡単。桜あんのおやつサンド

15
おやつの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2016.09.11

分類デザート

調理時間: 15分

ID142683

となりんりん

BENTO Artist

市販の白花豆を使い白あんを作ります。ほんのり桜が香る和風おやつサンドです。

おやつ ブレンダー 時短 シニア 子供 サンドイッチ 簡単 和風 食パン ヘルシー

このレシピをサイトに埋め込む

材料1人分
食パン(5枚切り) 2枚
白花豆(市販) 1袋
桜の塩漬け 適宜
食紅(なくても可) 適宜
作り方
Point!
特になし
  1. 桜の塩漬けを塩抜きしておく。
  2. 白花豆をブレンダーで潰し、ペースト状にしておく。
  3. ①に塩抜きしていた桜の水気を軽く取り、ちぎって入れ、混ぜ合わせる。
  4. 水で溶いた食紅を爪楊枝に付けて②に少しずつ混ぜながら好みの色を決める。
  5. 食パンに③を乗せて、もう一枚の食パンで挟み、お好みにカットして盛り付ける。
    (※今回、竹籠の為、添えた果物は蓋つきの容器に入れました。)
  6. 竹籠を使って、サンドイッチ弁当も作れますよ(^^♪
    これはBento&co主催の国際弁当コンテスト2015で国内部門グランプリをいただいた作品です。
6 9
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術
    存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術
    子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  5. PR 【PR】トースターで香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」
    トースターで香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」 この特集を読む
  6. PR 【PR】素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン
    素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  7. PR 【PR】BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン
    BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン この特集を読む
  8. 梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理
    梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×紅生姜 (26) ヘルシー×胡麻 (16) 時短×紅生姜 (14) 子供×ワンポットパスタ (13) シニア×ミツカンあごだしつゆ (10) おやつ×黒ごま (3) サンドイッチ×鶏肉料理 (3) ブレンダー×麹 (3) 和風×黒豆 (3) 桜×麺 (3) 豆×鶏つくね (3) 食パン×黒豆 (3)
もっと見る

「桜あん 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents