レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

夏にぴったり♡混ぜて冷やすだけ!フルーツ牛乳寒天

デザート

夏にぴったり♡混ぜて冷やすだけ!フルーツ牛乳寒天
  • 投稿日2021/06/24

  • 調理時間30(冷やす時間は除く)

夏バテにもぴったりのレシピです!さっぱりしていて、さらにビタミンもたっぷり取れる…と夏に牛乳寒天を食べるメリットでもつらつらと書こうと思ったのですが、そういえば夏バテになったことがありません。 夏が1ヶ月くらいしかない北国出身だからでしょうか?そういえば、北国から上京したばかりの頃、エアコン初心者だった私はエアコンをつけるタイミングが全くわからず、「まだ暑くなるはず…まだ暑くなるはず…」と1人で我慢大会をし続け、汗だくになりながら毎日冷奴ばかり食べていました。毎日汗だくで食欲もなくげっそり。一夏で3キロ以上痩せたのでした…ってこれ夏バテじゃないか!!(何の話)

材料6人分15cm丸型1台分

  • A
    牛乳
    200g
  • A
    生クリーム
    200ml
  • B
    100g
  • B
    粉寒天
    4g
  • C
    グラニュー糖
    60g
  • フルーツ
    400g

作り方

ポイント

牛乳類は温めておかないと、後で寒天液と混ぜる時にダマになりやすくなります。 寒天はしっかり加熱しないと固まりません。 寒天は常温で固まる性質があるので、フルーツを入れたあとは手早く作業しないと寒天液が固まってしまいます。 すぐに食べたい場合は、型を氷水につけると30分くらいで冷え、しっかり固まります。

  • 1

    ボウルにA 牛乳200g、生クリーム200mlを入れ600Wの電子レンジで3分加熱する。

  • 2

    鍋にB 水100g、粉寒天4gを入れ、中火で沸騰するまで加熱し、その後弱火にし2分間加熱する。

  • 3

    C グラニュー糖60gを加え溶けるまで混ぜたら、温めた牛乳液を寒天液に入れよく混ぜ、中火で沸騰寸前まで温める。

  • 4

    フルーツは一部をスライス(表面と側面用)、一部はざく切り(中の具)にする。

  • 5

    寒天液を一度越す。

  • 6

    共底の丸型の底と側面にフルーツを貼り付け、寒天液をお玉2杯分流す。

  • 7

    残りの寒天液にフルーツを入れ、静かに型の中に入れる。

  • 8

    ラップをして冷蔵庫で6時間冷やす。

レシピID

415094

コメント

送信

関連キーワード

寒天ゼリー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おやつラボ
Artist

おやつラボ

妻の好きなお菓子を作っている2歳児の父・マスターです。 お菓子と、時々我が家の定番メニューを投稿しています。 出来上がったお菓子は妻と2人(時々子供と3人)で食べています!子供が好きなケーキはスフレチーズケーキ。最近子供が「ケーキ!」と言えるようになり、成長を感じる毎日です。(ケーキがなくなると「ケーキ!!!!!」とすごい剣幕で叫び始めるので、嬉しい反面恐怖も感じる毎日・・・) 小さい頃からケーキが大好きで、お気に入りは誕生日などによく食べる銀座コージーコーナーのショートケーキでした。 そんな私がお菓子作りを始めたきっかけは、小学生の頃に母にクッキーを作ろうと思ったのがきっかけ。スプーンで落とす簡単なクッキーで、オーブンレンジもあったのにオーブントースターで焼くという、今ならそこはオーブンだろ!と言いたくなるような作り方ですが、それなりにできたと思ってます(笑) その後、朝早く起きてバターロールを作ったり、誕生日にはケーキを作るなど自分の作ったお菓子で家族が笑顔になってくれるのが嬉しかったです。 特に強敵だったのがスポンジケーキ。買った本の通りに作っても全然うまくできない…そこからスポンジの研究が始まり、毎日のように練習。そして焼きすぎてオーブンレンジが壊れました。 違う本を買ってもらって練習を続け(もちろんオーブンも買い直して😂)、やっと目標の銀座コージーコーナーのような、ふわふわなスポンジが作れるようになりました。 しばらくお菓子作りに熱中していたんですが、大学・就職を経てお菓子を作る機会が減ってしまいました。 妻(当時彼女)に初めて作ったお菓子は、ホワイトデーのお返しのカントリーマアム風クッキー。それまではそこそこ手作りお菓子を作ってくれた彼女ですが、それからは食べる専門を貫いています😋 2019年に子どもが生まれるのを機に、お菓子作りを再開しました。 子供の退院祝いのために作ったケーキを動画撮影して、記念にYouTubeに投稿したのをきっかけに、YouTubeチャンネル「Oyatsu Lab.」を始めました! Instagramへの投稿、YouTubeの動画編集は妻がしています!

「料理家」という働き方 Artist History