豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユの翌日リメイク料理:パスタ

10

2019.01.15

分類主食

調理時間: 10分

ID 370674

中尾 明美

Yummy! Tummy! Happy!

豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユが残ってしまった翌日のリメイク料理。翌日は豚肉の旨味も出て美味しいパスタソースとなります。ペンネやフジッリ(ねじれたパスタ)を使うと翌々日もさらにリメイクできます。

    材料
    豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユ 残り
    生クリーム 適量
    エキストラバージンオリーブオイル 少々
    パスタ 適量
    作り方
    Point!
    パスタの茹で上がりと共に完成させたいので、慌てないようソースは予め準備しておきましょう。パスタは、ペンネ、フジッリなどのショートパスタがお勧めです。リメイク料理がさらにリメイクできます。
    1. 「豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユ」の豚肉、白菜をキッチンバサミで小さく切っておく。
      ※「豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユ」の残りを使います。過去のレシピをご参照ください。
      oceans-nadia.com/user/37158/recipe/370652
      ※たくさん残っている場合、さらにリメイクできるので、ペンネ、フジッリのようなショートパスタをご使用ください。
    2. パスタを茹でる。お湯を沸かし、沸騰してから塩を入れ、パスタを入れて茹で始める。パッケージ記載の茹で時間より1~2分早くあげる(予定時間に頼らず試食するのが一番よい)。
    3. パスタを茹でている間にソースを作る。下準備した「豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユ」を煮汁ごとフライパンに入れて火にかける。煮えてきたら生クリームを入れて味の調整をする。生クリームの量は、「豚バラ肉と白菜の豆乳ミルフィーユ」の分量によるので、味見しつつ加える。煮詰まり過ぎていると感じたら、パスタのゆで汁を入れて調整する。ここで一旦火を止めてパスタが茹であがるのを待つ。
      ※パスタの茹で上がりと共に完成させたいので、慌てないようソースは予め準備しておく。
    4. パスタが茹であがる少し前に2の火を再び入れ、エキストラバージンオリーブオイルを回しかけてフライパンをゆすり、オイルがソースと一体化したら1のパスタを入れてソースを絡める(パスタはお湯を完璧に切らなくてよい)。
    5. パルミジャーノレッジャーノ(あれば)をすりおろして、コショウを挽いて完成。
    2 9
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「フジッリ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。