レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【甘辛オイスターソース!】ニラ玉のひき肉あんかけ

副菜

【甘辛オイスターソース!】ニラ玉のひき肉あんかけ
  • 投稿日2022/04/30

  • 調理時間10

ふんわりニラ入りの卵焼きに、ひき肉あんかけをかけました♪ 卵に少量のお酢を加える事でふんわり仕上がります。にんにく&生姜とオイスターソースが効いた甘辛のひき肉あんをかければ、ボリューム満点のおかずに! 簡単に出来るのにお腹も満足! ご飯の進む中華風ニラ玉あんかけです♪

材料2人分

  • 4個
  • ニラ
    4束
  • A
    小さじ1
  • A
    少々
  • 豚ひき肉
    100g
  • にんにく、生姜
    各1片
  • B
    砂糖
    大さじ2
  • B
    オイスターソース
    大さじ1と1/2
  • B
    大さじ1
  • B
    醤油
    大さじ1/2
  • B
    100ml
  • B
    片栗粉
    小さじ1と1/2
  • 塩、こしょう
    少々
  • ごま油
    小さじ1/2

作り方

ポイント

○蓋に卵焼きをスライドする際に、表面が9割は焼けていること。半熟の状態だと、どろどろでうまくフライパンに戻せません。 ○卵液にお酢を加えることでふんわり仕上がります。酸味は全く感じませんよ♪

  • 1

    ニラ、にんにく、生姜はみじん切りにする。 卵は溶いておき、A 酢小さじ1、塩少々と切ったニラを加える。

    工程写真
  • 2

    フライパンに大さじ1の油を強火で熱する。油が温まったら、卵液を一気に加え中弱火に落とし菜箸で大きくぐるぐるかき混ぜる。 卵がやや固まり始めたら混ぜるのをやめ、蓋をして弱火で2分程表面がほとんど固まるまで火を通す。 ※焦げないように注意。中々表面が固まらないようであれば、弱火で蓋をして蒸し焼きにしてみてください。

    工程写真
  • 3

    蓋を開けて、ヘラを底に入れてみてすっと通るようであればフライパンの蓋(もしくはお皿)の上に卵焼きをスライドさせ乗せる。 そのままフライパンに戻し入れて、中火で反対側も1〜2分程焼きお皿に取り出す。

    工程写真
  • 4

    同じフライパンをきれいにして、油小さじ2とにんにく、生姜を中火で熱する。 香りがたったら、豚ひき肉を加えて色が変わるまで炒める。

    工程写真
  • 5

    少し火を弱めてB 砂糖大さじ2、オイスターソース大さじ1と1/2、酒大さじ1、醤油大さじ1/2、水100ml、片栗粉小さじ1と1/2を加えてとろみがついたら火を止め、塩、こしょうで味を整える。 仕上げに香り付けにごま油を加え、卵焼きの上にかける。

    工程写真
レシピID

436362

「しょうが」の基礎

「にんにく」の基礎

「酢」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

あんかけ」「ニラ玉」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

カリニ彩
Artist

カリニ彩

プロフィールご覧いただき ありがとうございます♡ 幼少期からイタリア、イギリス、ブラジルに住んできました。昔から食べることが大好きで、海外で出会ったお料理を家庭料理にアレンジするのが趣味かつ楽しみになっていました。 現在はイタリア人の夫と、小さな子ども達4人と日本で暮らしています⭐︎ 子どもがまだ小さいので、色々な食材を健康的に食べてもらえたら…と、考えながらお料理しています。 毎日お料理するのは本当に大変。 でも、美味しい!と言って自分が作ったものを食べてもらえると、嬉しいしやる気も出ますよね。 料理を作ることが、少しでも楽しみに変わるようなお料理をご紹介できたらと思っています。   ■プロフィール 小学生を数年間イタリア・ミラノで過ごし、イタリアという国や文化に魅了されました。 イタリア語・文化をしっかり学ぶたい!という小さい頃からの思いが消えず、大学在学中にイタリア・ボローニャ大学に交換留学。 現地で食べた数々の本場のイタリアンに感激… そこで出会ったイタリア料理を自宅で再現したり、食べ歩いたり。。。 留学中はイタリア料理にどっぷりハマりました。 大学卒業後はSEとしてイギリス、ブラジルのプロジェクトに参加。イギリス、ブラジルは色々なオリジナリティーの人々が集まる国だったのでお料理も多国籍! 食材の使い方など、とても勉強になりました。 その後イタリア人の夫と結婚し、イギリスに数年暮らし、第一子も英国で出産。 夫のマンマの本場イタリアンはやっぱりとっても美味しい…! ■Instagram ⇒⇒⇒felicehippo

「料理家」という働き方 Artist History