レシピサイトNadia

    レンジで簡単!デリ風かぼちゃサラダ

    副菜

    レンジで簡単!デリ風かぼちゃサラダ

    お気に入り

    50

    • 投稿日2022/11/30

    • 更新日2022/11/30

    • 調理時間15(かぼちゃを柔らかくするための時間は省きます。)

    かぼちゃの皮はとっても栄養豊富!抗酸化作用が強く美肌効果に♡ 糖質オフダイエット中でも食べられるように糖質が全量(4人分)で約40gと抑えたレシピになっています♪ カロリーは全量約820kcalと高めなので気にしている方は控えめにしてください。

    材料4人分

    • かぼちゃ
      1/4個(正味 約200g)
    • ベーコン
      50g
    • クリームチーズ
      4個(個包装 1個18g)
    • マヨネーズ
      30g
    • ミックスナッツ(素焼き)
      30g
    • 岩塩
      適量
    • ブラックペッパー
      適量
    • ドライパセリ
      適量

    作り方

    ポイント

    かぼちゃはなるべくオレンジ色の濃いものを使うと甘みが強まり美味しくなります♪ 混ぜ合わせる時はクリームチーズが溶けないように粗熱の取れたかぼちゃを加えてください。 ミックスナッツを使うと色んな歯ごたえがあり食べていて楽しくなります♪ クリームチーズをもう1つプラスしたり、ベーコンをもっと増やしたりで色んな楽しみ方ができます。 ベーコンを電子レンジにかけた後は油が飛び散りますので、すぐに拭き取っていただけたらと思います。 フライパンで、弱火で油を拭き取りながらじっくり焼いても、もちろん良いですよ☆電子レンジにこだわらない方は是非!

    • ・かぼちゃは切りやすくするため、種とわたがついたままラップをかけ、600wの電子レンジで3分加熱する。粗熱が取れたら、種とわたを取り除いておく。 ・ミックスナッツ(素焼き)は粗めに刻み、トッピング用に少し別に分けておく。 ・クリームチーズは常温にしておく。

      工程写真
    • 1

      かぼちゃをひと口大の角切りにし、大きめの耐熱容器に入れ、水を小さじ1(分量外)加え、ふんわりラップをして600wの電子レンジで2分加熱する。まだ固いところがあれば、その都度1分プラスしていく。

      工程写真
    • 2

      ベーコンを1cm幅に切り、重ならないように耐熱容器に広げ、カリカリになるくらいまで電子レンジで加熱する。(よく油を拭き取りながら30秒ずつ加熱していく)

      工程写真
    • 3

      ボウルにベーコン、クリームチーズ、マヨネーズを入れ、ゴムベラで良く混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 4

      3に粗熱が取れたかぼちゃ、刻んだミックスナッツを加えて混ぜ合わせ、岩塩、ブラックペッパーで味を整える。

      工程写真
    • 5

      お皿に盛り付け、分けておいたミックスナッツを少し乗せ、ドライパセリを振りかける。

      工程写真
    レシピID

    446550

    「かぼちゃ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    Kuumin
    Artist

    Kuumin

    初めまして!この度Nadia Artistとしてお仲間入りさせていただきましたkuumin(くーみん)です(*^^*) Nadia Artistを選んだ経緯をここに綴りたいと思います。 以前の私は、仕事の忙しさに甘えて、手料理を怠っていました。 その結果、様々な身体の不調に悩まされ、薬づけの日々を過ごす事になってしまいました。 そんな中、以前少し学んだマクロビを思い出し、食べている物で身体は作られている事に気がつき、新たに栄養学を学び、手料理にて不調を改善する事が出来たんです☆ 体重も食事のみで、8ヶ月かけ-8kgの減量に成功♪ 私は娘と2人暮らしをしているので、今は、娘にも栄養が整った手料理を食べさせてあげたいという思いでいます。 食材に感謝し、無駄なくいただける調理法、簡単だけどひと手間かけておいしさを引き出す調理法を日々考えて料理しています♪ 自身の経験で培ったものを、たくさんの方々にも知っていただきたく、Nadia Artistを選びました。 ゆる糖質オフダイエットレシピやグルテンフリーレシピも発信していきます☆ ずぼらな所もあるので、レンジや炊飯器の調理方法も使っています(笑) こんな私ですが、どうぞ宜しくお願いします(*^^*)

    「料理家」という働き方 Artist History