レシピサイトNadia

    アレンジ無限!薄衣がポイント。冷めてもほくほく長芋の揚げ浸し

    副菜

    アレンジ無限!薄衣がポイント。冷めてもほくほく長芋の揚げ浸し

    お気に入り

    388

    • 投稿日2019/05/25

    • 更新日2019/05/25

    • 調理時間15

    ほんのり薄衣をまとった長いもは、素揚げよりも食べ応えとおかず感UP。 いも類は、冷めるとホクホク感が失われがちですが熱々のうちに麺つゆをギュッと吸わせることで、中までしっかり水分と味が染み込み冷めてもほくほくの食感に仕上がります。 大人用には柚子胡椒やワサビを入れたり、仕上げにお好みの薬味やガーリックチップを添えて、その時々お好みでアレンジしてください。

    材料3人分

    • 長いも
      300g
    • A
      天ぷら粉
      10g
    • A
      薄力粉
      20g
    • めんつゆ
      80ml(かけ蕎麦やかけうどんの濃さで80mlです。)

    作り方

    ポイント

    ※長いもは、1.5〜2cmの厚めがおすすめです。

    • 1

      ビニール袋を二重にしてA 天ぷら粉10g、薄力粉20gを入れ軽く混ぜ、皮をむいて1.5〜2cmの輪切りにした長いもも入れて全体にまんべんなくまぶします。

      工程写真
    • 2

      めんつゆをバットや平たい容器に入れておきます。この時に、柚子胡椒やワサビを合わせておくのもおすすめです。 ※めんつゆは、温かい麺類に使用する濃さに合わせてください。

      工程写真
    • 3

      フライパンに分量外の揚げ油を170〜180度で熱し(1)を入れ、3〜4分途中返しながら全体にほんのりきつね色になるまで揚げます。

      工程写真
    • 4

      揚げ終わった長いもから順に用意しためんつゆに漬けていきます。 ※写真は、柚子胡椒入りのつゆです。揚げ終わったものから順に入れて天地を返し両面から味を吸わせます。

      工程写真
    • 5

      器に盛り、お好みで小葱や大葉、生姜や白ごま+糸唐辛子など、お好みの薬味と合わせてください。たっぷりの細挽きコショーもよく合います。 漬け込んだ状態で冷ますとちょうどよく全体につゆを吸ってくれます。

      工程写真
    レシピID

    376051

    このレシピが入っているArtist献立

    「めんつゆ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    「長いも」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    奥山 まり
    Artist

    奥山 まり

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History