初めてのパン作り HB不要 裏ワザで1時間 卵不使用

60

2021.08.03

分類主食

調理時間: 1時間 0分

ID 418482

だんどり

だんどりキッチン 簡単レシピ

初めての方お子様でも作りやすいレシピです。短い時間で作れるようにレンジ発酵200w30秒を1次発酵で使用しました。
ホームベーカリーを使わず手ごねで美味しいパンが焼けます。
こねるのもジップロックで手も汚れません。
牛乳を水に代えたり、強力粉を30gだけ薄力粉や全粒粉に代えたり、クルミなど加えたり色々アレンジしてみてください。
小さく切ってちぎりパンも出来ます。

    材料

    3人分
    強力粉 250g
    牛乳 160ml
    みりん 大さじ1
    ドライイースト 小さじ1
    無塩バター 20g
    小さじ1

    作り方

    ポイント

    イースト菌の話:イースト菌のエサはショ糖なので甘味料で代用できません。みりんは砂糖より糖質が低いですが大さじ1で比べるとほぼ糖質量は変わりません。アルコールが入っているので冷めても柔らかいパンになります。本みりんが無ければみりん風でもOKです。
    発酵の話:イースト菌が生地を短い時間で発酵させるには温度が重要です。室温が20度以下ならオーブンの発酵機能を使いましょう。お湯を入れたボウルの上にバッド、生地を乗せてもOK。冬場はコタツでもOK。低い温度でも発酵しますが時間がかかります。イースト菌は炭酸ガスを出すので発酵したらガス抜きをします。
    バターの話:バターは油分と風味のために加えます。塩は味付けとイーストの発酵を止めます。では無塩バターでなくても・・・その通り!普通のバターやマーガリンでもOK。最近は塩パンが流行っているので塩が多くてもOKです。
    グルテンの話:粉のタンパク質と水で作られます。生地をこねると弾力を出ます。うどんなどはコシが出ると言います。パンは西洋から入ってきたため手でこねますが、日本のうどんなどは足でこねます。そうなんですパンも足でこねて良いんです。手よりも楽で短い時間でコシ(グルテン)が出ます。ちなみに強力粉はタンパク質量が多いのでパンに使われます。
    牛乳の話:水よりも色良く柔らかく焼けます。ミルク風味も美味しいですね。なので水でもOK。
    オーブンの話:オーブンによって予熱が終わっても設定した温度になっていません。色よく焼きたい時は、190度で予熱後、生地を乗せたトレーを入れて、もう一度190度で予熱します。予熱後、15分焼きます。これでお店に負けない色と食感と風味に仕上がります。※大きいミトンでやけどには注意しましょう。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 強力粉250g(計量器に大きいボウルを乗せて表示を0にしてから粉を入れる)
      無塩バターはバター風味のマーガリンでもOK
      計量せずに2目盛りで切って(1目盛り10g)レンジ600w20秒加熱して少し溶かして混ぜやすくしておきます。
    2. 冷蔵庫から出した牛乳を計量カップに160ml入れて、レンジ600w30秒加熱する。
      ドライイースト、みりんを加えて混ぜる。
    3. 計量カップの牛乳をスプーンで混ぜながら粉に投入します。
      大きなヘラで粉が飛ばないようにゆっくり全体を数十秒混ぜます。
    4. 周りの粉やヘラの生地をそぎ落としながらひとまとめにします。数十秒
    5. 無塩バター、塩を加えます。
    6. ヘラでバターをつぶして、塩と一緒に生地に折りこみます。数十秒
      ※きれいに混ぜる必要なし、ボウルに残らないように生地をたためばOK
    7. ジップロックに移して薄く広げます。
      ※材料はまだきれいに混ざっていません。
    8. 口を開いて袋を立てると生地が折れます。
      ⑥、⑦を繰り返す。
      ※⑥を袋を破らないように足でしっかりつぶすと早く混ざって5分もかからずグルテンも出てきます。
    9. 生地の弾力が出てきたら、袋の上から手で数回しっかりこねて丸くひとまとめにする。
    10. レンジ200w30秒加熱して1次発酵
    11. 袋の中で大きく伸ばしてガスを抜く。
      袋の上から好きな大きさにスケッパーやヘラで適当に切る。
    12. 袋の左右をはさみで切る。
    13. 1枚ずつ巾着のようにまとめて丸く成形する。
    14. 大きさをきれいにそろえたい時は、計量器で量ってちぎって重さをそろえてから丸めましょう。
    15. 切ったので10分休ませます。
      ※乾燥しないようにジップロックで挟みます。
      ※ここでオーブントレーにクッキングシートを切って敷きましょう。
    16. もう一度やさしくつぶす。
      きれいな面を下にして優しく巾着にして丸めてしっかり閉じる。
    17. オーブントレーに、閉じ目を下にして並べる。
      乾燥防止にジップロックを掛ける。
      このまま30分放置かオーブンに入れて発酵機能で35度30分で取り出す。
    18. オーブンを190度に予熱開始。
      ※予熱中も外で生地は発酵が進みます。
    19. 予熱完了後、オーブンにトレーを入れます。
      ※生地はこんなに大きくなっています。
    20. オーブンの扉を開けて、冷たいトレーを入れると庫内温度が下がります。
      そこでもう一度190度で予熱します。
      予熱完了したら扉を少し開閉して、15分に設定して焼きます。
      ※霧吹きがあればここで軽く吹きます。表面がパリッと焼けます。
    21. 焼けたら鍋敷きなど網に乗せて冷まします。
      焼き立てでもとってもおいしいです。
      冷めたらビニールに入れて乾燥を防止して、翌日でも柔らかく美味しくいただけます。
    1 70

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「パン 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは