レシピサイトNadia

    粉類不要♡ちょっと手間をかけて♡伊達巻風♡たまご焼きケーキ♡

    副菜

    粉類不要♡ちょっと手間をかけて♡伊達巻風♡たまご焼きケーキ♡

    お気に入り

    20

    • 投稿日2019/03/25

    • 調理時間30

    子供達がたまご焼きが大好きなので(笑) 普段とは違う感じに作ってみようかな〜と思い閃いたレシピです(笑) 卵白の泡立てが少し手間がかかるので塩を入れる事で泡立てやすくしてみました♡ 粉類はいっさい入っていません♡ たまごだけだと縮んでしまうので今回ははんぺんを入れてよりケーキっぽさを出しました♡ お弁当やパーティーなどトッピングを楽しみながら作ってみて下さい♡

    材料6人分15センチのケーキ型1個分

    • たまご
      4個
    • 少々
    • はんぺん
      1枚
    • A
      白だし
      大さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1〜
    • A
      ごま油
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ◯甘さ控えめに作ってあるので甘さが足りない方は小さじ1から足していって下さい。 ◯型紙に高さを出さなくても型に入らなかった生地を別の型に入れて焼いても同じように作れると思います。 ◯はんぺんは完全に潰さなくても大丈夫です。

    • 今回使ったはんぺんです。 量や大きさなど参考になればと思います。

      工程写真
    • 1

      まずオーブンに160℃の予熱を入れます。 はんぺんは袋に入ったまま封を開けずにもんで潰して置きます。

      工程写真
    • 2

      たまごを卵黄と卵白に分けます。

      工程写真
    • 3

      卵白の入っているボウルに塩を入れてハンドミキサーでツノが立つまでしっかりと泡立ってます。 塩を少し入れる事で泡立てが早くなります。

      工程写真
    • 4

      卵白がしっかり泡立ったら ハンドミキサーを低速にして泡を整えます。

      工程写真
    • 5

      卵黄の入っているボウルに 潰したはんぺんとA 白だし大さじ1、砂糖小さじ1〜、ごま油大さじ1を入れたらハンドミキサーで混ぜ合わせます。 ハンドミキサーは卵白を泡立てたまま使って大丈夫です。

      工程写真
    • 6

      しっかり混ざったら 泡立てた卵白を⅓くらい入れてハンドミキサーで混ぜ合わせます。

      工程写真
    • 7

      残りの卵白は2回くらいに分けて入れ ゴムヘラに持ち変えて生地を持ち上げるように混ぜ合わせます。 けしてねらない事。 卵白の泡を消さないように混ぜ合わせて下さい。

      工程写真
    • 8

      しっかり混ざったら… 今回生地が多めので型のまわりの型紙はオーブンシートを切って使いました。 そのケーキ型に生地を流し入れます。 型を持ち上げて2回くらい落として空気を抜き160℃に予熱したオーブンで20分〜焼いたら出来上がり♡ 焼き上がり目安は竹串を刺して生地がついてこない事。 焼き上がったら熱いうちにまわりの型とオーブンシートを外して下さい。

      工程写真
    レシピID

    373972

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    卵焼き」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    美桜
    Artist

    美桜

    料理家♡ 食材を無駄なく使う事をモットーにレシピを考案しています♡ 捨ててしまいがちな食材にこそ栄養と旨味がたっぷりと詰まっているのでその食材の良さを活かせるように工夫しています♡ 3人の子育て中なので忙しい毎日でも栄養を考え時短で作れるレシピも提供しています♡ 【胸様レシピ】考案中です🤗 ─────────────   《只今コメントへの返信お休み中です🙇💦》 いつも沢山の温かいコメントやいいね・お気に入りを下さる皆様♡♡♡ 本当にありがとうございます!! その1つ1つに毎日励まされ 私のエネルギーになっております🙇 現在返信等中々出来ない状況ですのでこちらにて失礼します🙇 ✔レシピに対する質問等は お時間あいてしまう事もありますが💦 お答えしております🙇 ───────────── 毎日更新中↓ Instagram★chakichaki52 ブログ★https://ameblo.jp/yyy3052/

    「料理家」という働き方 Artist History