下処理簡単!旬の「豆あじ」をおいしく食べよう

この時期、手頃な価格で手に入る「豆あじ」。下処理がとっても簡単なので、魚料理の初心者さんにもおすすめです。料理研究家でおさかなマイスターの高橋善郎さんに、豆あじの下処理法と、簡単レシピを教えていただきました。

キーワード
ビールに合うおつまみ 魚介のおかず 揚げもの あじ
この記事をお気に入りに追加

あじの稚魚、「豆あじ」。地方によって「アジコ」「ジンタ」など、さまざまな呼び方があるようですが、だいたい5~6cmの大きさのものを指すことが多いよう。

この時期、安価でたくさん手に入り、骨ごと食べられて下処理も簡単。サイズが小さいので、フライパンを使って少ない油で揚げ焼きにできるなど、調理の手間も省けます。

豆あじは骨ごとカラッと揚げるのがおいしいいただき方。和風やスパイシーな味付けもよく合います。から揚げにしてカレー粉や山椒の粉+塩を添えたり、たっぷりの野菜とともに南蛮漬けにすれば、ご飯もビールも進む最高のおかずになりますよ。

まずは、その第一段階となる下処理の方法をご紹介しましょう!

 

豆あじの下処理 手順とポイント

豆あじは、うろこもヒレもぜいごも取る必要がなく、包丁を使わず手で簡単に下処理ができます。ただし、手の体温が伝わりやすく鮮度に影響を与えてしまうので、手早く作業することを心がけましょう。

 

手順1:頭とエラ、わた(内臓)をまとめて取るだけ!

頭の付け根の、エラのあたりに親指を入れ、ポキッと前に折ります。

手前に引くと内臓が付いてくるので、そのまま下に引っ張って頭ごと取ります。

ポイント
身を崩さないよう、力加減に注意!
骨も身も柔らかいので、作業は簡単。手に力を入れすぎず、優しく扱いましょう。

 

おいしい豆あじの見分け方は?

丸ごといただく豆あじは、鮮度の見極めが肝心です。ほかの魚と同様、「目」がそのチェックポイントに。透き通って透明感のあるものは新鮮ですが、濁っていて白っぽいものは鮮度が落ちているかも。

いかがでしたか? 「豆あじ」はとにかく下処理が簡単! 鮮魚店やスーパーでざるに盛られているのを見つけたら、ぜひ手に入れて挑戦してみてください。

●関連レシピ
豆鯵の唐揚げ
https://oceans-nadia.com/user/11937/recipe/140442

 

この記事の監修

料理研究家 高橋善郎
https://oceans-nadia.com/user/11937

写真:吉田朱里 文:芝 真紀子

キーワード
ビールに合うおつまみ 魚介のおかず 揚げもの あじ
この記事をお気に入りに追加

おすすめコラム Recommend Column

Nadia編集部おすすめ特集 Feature

    関連コラム Related Column

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。