レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ほぼ巻かない!究極のだし巻きたまご

副菜

ほぼ巻かない!究極のだし巻きたまご
  • 投稿日2022/05/06

  • 調理時間5

全ての工程は、おいしくなるようにデザインされている。 あなた史上最高のだし巻きたまごを。

材料

  • たまご
    3個
  • 料理酒
    大さじ1
  • みりん
    大さじ1
  • 白だし
    大さじ1
  • 大さじ2
  • サラダ油
    大さじ1

作り方

ポイント

①たまごの溶き具合 ②巻かないで混ぜ固める ③仕上げに1度だけ巻く

  • 1

    「たまご」 L〜LLの大きめなら3個、M以下なら4個で。

    工程写真
  • 2

    「混ぜ溶く」コツ① あまり混ぜすぎず、白身のコシが残る程度に。詳しい理由は動画で。

    工程写真
  • 3

    「目指すべき状態」コツ① よく見るとマダラなのがわかるはず。この後、液量が増えて溶きにくくなるので先に溶いて。

    工程写真
  • 4

    「料理酒」 味にわずかな複雑さを出すために入れます。

    工程写真
  • 5

    「みりん」 わずかな甘みを足すために。

    工程写真
  • 6

    「白だし」 なければめんつゆ、和風だしでも。

    工程写真
  • 7

    「水」 仕上がりをやわらかく(ゆるく)するために入れます。

    工程写真
  • 8

    「軽く混ぜる」 ここで溶きすぎたら試合終了ですよ。

    工程写真
  • 9

    「サラダ油」 ちょい多めに。ペーパーで塗る必要はありません。

    工程写真
  • 10

    「温める」 いわゆる箸先でジュッとなる程度に温めて。

    工程写真
  • 11

    「流し入れる」コツ② 8割ほど一気に流し入れます。

    工程写真
  • 12

    「かき混ぜる」コツ② 鍋を前後に動かしつつ、菜箸はぐるぐる混ぜて。スクランブルエッグを作るイメージで。

    工程写真
  • 13

    「目指すべき状態」コツ② こんな感じになったらOK。詳しい状態は動画の方が分かりやすいかと。

    工程写真
  • 14

    「ゴムベラを入れて」コツ② 結構緩いので、箸だとちょいムズです。推奨:ゴムベラorフライ返しの使用

    工程写真
  • 15

    「折りたたむ」コツ② こんな感じで2つ折りにします。最悪グチャッとしても後でもう1回たまごを足すので問題ありません。

    工程写真
  • 16

    「奥へ」 この辺りはフツーの感じで。

    工程写真
  • 17

    「流し入れる」コツ③ ここで全部入れます。仮に、折りたたむときに失敗したとしてもこれでリカバーできます。

    工程写真
  • 18

    「奥に流し入れる」コツ③ この辺りは一般的な作り方と同じ。

    工程写真
  • 19

    「軽くかき混ぜる」コツ③ もしかき混ぜるほどの量がなければ省略してもOK

    工程写真
  • 20

    「目指すべき状態」コツ③ さっきと同様、スクランブルエッグ状になったら、、、

    工程写真
  • 21

    「ゴムベラを入れて」 ここはある程度固まったものを折り返すので菜箸でも簡単にできますが念のため。

    工程写真
  • 22

    「折りたたむ」 ここはさっきより難易度低いです。

    工程写真
  • 23

    「手前の角で成形する」 写真1枚だとよくわからないと思うので、動画を見てください。

    工程写真
  • 24

    「完成」 安西先生のアゴのような柔らかさ。

    工程写真
レシピID

436352

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

だし巻き卵」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

こじまぽん助
Artist

こじまぽん助

料理の「それが知りたかった!」をあなたに。材料が同じでも、テクニックがなくても「作り方ひとつで」確実においしく作れるレシピをご紹介。 料理の「全ての工程には、おいしくなるための理由が必ず存在」しています。動画では、それを誰にでもわかるように解説しています。

「料理家」という働き方 Artist History