レシピサイトNadia

    ご飯が足らなくなる究極のルーロー飯

    主食

    ご飯が足らなくなる究極のルーロー飯

    お気に入り

    141

    • 投稿日2022/10/07

    • 更新日2022/10/07

    • 調理時間90

    時間はかかるが、手間はかからない。ご飯が進みまくる、究極の味をあなたに。

    材料4人分

    • 豚バラ肉
      600g (ブロック)
    • 玉ねぎ
      1個
    • にんにく
      1片
    • 生姜
      1かけ
    • 干し椎茸
      2個
    • 桜えび
      5g
    • 八角
      2個
    • シナモン
      1本
    • 鷹の爪
      2本
    • ひたひた
    • サラダ油
      大さじ1〜
    • 料理酒
      大さじ4
    • みりん
      大さじ2
    • 醤油
      大さじ2
    • 砂糖
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ①肉は大小2種類に切る ②香りの科学 ③たんぱく質の性質

    • 干し椎茸…水で戻して5mm角に切る (戻し汁はとっておく) 玉ねぎ…みじん切り 豚バラ肉…半量を1.5〜2cm角程度、残り半量は7mm幅程度の細切り にんにく…みじん切り 生姜…みじん切り 桜えび…空炒りして細かく砕く

    • 1

      「玉ねぎ」 みじん切りにしたものを。ある程度量がないと作りにくいので、最低1個分で。

      工程写真
    • 2

      「サラダ油」 やや多めに入れた方が失敗しません。

      工程写真
    • 3

      「炒める」 あめ色になるまで炒めます。

      工程写真
    • 4

      「目指すべき状態」 今回使用するのはこの半量。残りは冷凍しておけば色々使えます。

      工程写真
    • 5

      「豚バラ肉」 国産で、脂身が多すぎないものを選ぶと良いです。

      工程写真
    • 6

      「半量ずつ大小に切り分ける」コツ① 大:1.5〜2cm角 小:7mm幅の短冊 が目安です。

      工程写真
    • 7

      「大きい方を先に」 熱々にした鍋に大きい方だけを入れて。

      工程写真
    • 8

      「焼く」 2面程度しっかり焼き色がつくまで焼きます。メイラード反応による香り付です。

      工程写真
    • 9

      「目指すべき状態」 小さく切った肉でこれをやるとパリパリになってしまうので役割分担です。

      工程写真
    • 10

      「脂を拭き取る」 流石に脂っこくなるので、一旦火を止めてからキレイに拭き取ります。

      工程写真
    • 11

      「目指すべき状態」 こんな感じでキレイに拭き取れたら中火にして。

      工程写真
    • 12

      「小さい方も」 ここで小さく切った方も入れます。トロットロにしたいので焼き色はつけません。

      工程写真
    • 13

      「炒める」 軽く色が変わるまでだけ炒めます。

      工程写真
    • 14

      「目指すべき状態」 肉がこんな感じの色になったら...

      工程写真
    • 15

      「にんにく」 みじん切りにしたものを。

      工程写真
    • 16

      「生姜」 こちらもみじん切りにしたものを。

      工程写真
    • 17

      「炒める」 香りが立つまで炒めて。

      工程写真
    • 18

      「桜えび」 あらかじめ乾煎りして、細かく砕いたものを。

      工程写真
    • 19

      「干し椎茸」 後でもどし汁も使うので取っておいてください。

      工程写真
    • 20

      「あめ色玉ねぎ」 玉ねぎ1/2個分です。さっきの半量なのでご注意を。

      工程写真
    • 21

      「軽く炒める」 焦げつき防止の目的なのでささっと。

      工程写真
    • 22

      「砂糖」 パサっ。

      工程写真
    • 23

      「料理酒」 よりっぽくしたい場合は紹興酒で。

      工程写真
    • 24

      「みりん」 旨味の補完です。

      工程写真
    • 25

      「醤油」 生醤油ではなく、フツーのやつで。

      工程写真
    • 26

      「軽く炒める」 ここも焦げつき防止の目的なのでささっと。

      工程写真
    • 27

      「椎茸のもどし汁」 ここから煮るモードに。

      工程写真
    • 28

      「水」 椎茸のもどし汁で足りない分を補うイメージです。

      工程写真
    • 29

      「八角」コツ② とにかくこれ!香りの肝ですので絶対入れてください。

      工程写真
    • 30

      「シナモン」コツ② パウダータイプの場合は小さじ1/2程度で。

      工程写真
    • 31

      「鷹の爪」コツ② 実はこれも香りに作用します。大丈夫。ピリ辛にもならないので。

      工程写真
    • 32

      「煮込む」コツ② 蓋をしないのが大事。香り成分を適度に飛ばしつつ、肉に必要な分だけ含めていくことができます。

      工程写真
    • 33

      「目指すべき状態」コツ③ 肉がトロトロになるのはもちろんですが汁にゼラチン質が溶けだすのでとろみが出ます。

      工程写真
    • 34

      「完成」 ご飯にのっけたら、味付けたまご、漬物等を添えて完成。

      工程写真
    レシピID

    445620

    「豚肉」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    こじまぽん助
    Artist

    こじまぽん助

    料理の「それが知りたかった!」をあなたに。材料が同じでも、テクニックがなくても「作り方ひとつで」確実においしく作れるレシピをご紹介。 料理の「全ての工程には、おいしくなるための理由が必ず存在」しています。動画では、それを誰にでもわかるように解説しています。

    「料理家」という働き方 Artist History