レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

1番簡単!炊飯器で味しみおでん【簡単・時短】

主菜

1番簡単!炊飯器で味しみおでん【簡単・時短】
  • 投稿日2019/10/09

  • 調理時間5(炊飯時間は除く)

炊飯器に入れてスイッチポンでかなり味が染みます。長時間ガスで煮込む必要がなく、なによりラクチンです! 大根は一度冷凍することで下茹での手間が省け、驚くほど味が染みます。保存ついでに冷凍しておけば、おでんやふろふき大根に使えて便利ですよ!

材料3人分

  • お好みのおでんだね
    適量
  • 大根
    1/4本
  • 適量
  • ヒガシマルうどんスープ
    2袋
  • 醤油
    小さじ1/2(お好みで調整してください)

作り方

ポイント

■おでんだねは、お好みのものを使ってください。今回はセットになっているものをひとパック使いました。 【こんにゃく小×2、結び昆布小×3、がんも×2、ちくわ小×2、ゴボウ巻き×2、きんちゃく×1、結びこんにゃく×3】目安にどうぞ♪ ■ヒガシマルのうどんスープを使っています。スープは、ヒガシマルのうどんスープを使っています。やさしい味わいで、うどんだけでなくおでんの出汁にぴったりです。お好みでしょうゆを少量足してもOKです。うどんスープなので、乾燥ねぎが入っています。気になれば一度水に溶かした後に濾して使ってください。もちろん、お好みのものや、おでんだねに付属しているものをつかってもOKです!

  • 大根は、2.5cmの厚みに切って面取りをし、ジッパー付きの袋に入れて最低でも2時間ほど冷凍する。

    工程写真
  • 1

    炊飯器に冷凍のままの大根、ヒガシマルうどんスープ、醤油を入れ、水を3合のメモリまで注ぐ。 炊飯器を【早炊き】にセットし炊飯。

    工程写真
  • 2

    お好みのおでんだねを入れ、【普通モード】で炊飯。 大根を一番下に入れ、上にほかの種をのせると味がよく染みます。

    工程写真
  • 3

    炊飯器に入れてスイッチポンでかなり味が染みます。長時間ガスで煮込む必要がなく、なによりラクチンです!

    工程写真
  • 4

    ☆スープは、ヒガシマルのうどんスープを使っています。やさしい味わいで、うどんだけでなくおでんの出汁にぴったりです。お好みでしょうゆを少量足してもOKです。 うどんスープなので、乾燥ねぎが入っています。気になれば一度水に溶かした後に濾して使ってください。もちろん、お好みのものや、おでんだねに付属しているものをつかってもOKです! ☆おでんだねは、お好みのものを使ってください。今回はセットになっているものをひとパック使いました。 【こんにゃく小×2、結び昆布小×3、がんも×2、ちくわ小×2、ゴボウ巻き×2、きんちゃく×1、結びこんにゃく×3】目安にどうぞ♪

    工程写真
レシピID

381030

「大根」の基礎

「出汁」の基礎

「ごぼう」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

おでん」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

むっちん(横田睦美)
Artist

むっちん(横田睦美)

製菓学校を卒業後、都内のパティスリーに就職。その後、業務用製菓・調理道具店に勤める傍ら料理家のアシスタントを経験。 プロの料理人やパティシエとのやり取りをするうちに、より料理への知識を深める。 食品会社での営業・パティスリー向けのレシピ開発を担当。 𓇼 永遠の東南アジアトラベラー。アジア料理は作るのも食べるのも大好き。手作りの調味料が得意です。 𓇼 「お菓子作りは"理論"と"感覚"」とはいえむずかしく考えず、誰が食べても「シンプルにおいしい!」そんな料理やお菓子を提案しています。 𓇼 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

「料理家」という働き方 Artist History