カレールーとクローブで手軽に「神田神保町エチオピア」風カリー

40

2014.12.31

分類

調理時間: 40分

ID 122741

moi

パリ郊外からの和洋折衷ターブル

使うスパイスはクローブのみ。このクローブがエチオピア風カリーの味ポイント。後はお手軽カレールーひとかけプラスでOK。簡単に出来るわりにはなかなかエチオピア味に近くて、さらっと美味でクセになる味ですよ。

    材料(4人分)
    A
    にんにくすりおろし 1片分
    しょうがのすりおろし 1かけ分
    赤唐辛子の輪切り 1/2本~
    クローブ粒 15粒
    玉ねぎ 150g(1個))
    トマト 150g(1個)
    サラダ油 大さじ2
    薄力粉 大さじ1
    鶏ガラスープ(なければ鶏がらスープの素を溶かしたもの) 500ml
    茹でひよこ豆 150g
    カレールー 30g
    B
    カリフラワー 150g
    緑・赤・黄パプリカ 150g
    塩胡椒 適量
    サラダ油 大さじ1
    C
    ごはん 人数分
    お好みでコリアンダーのざく切り 適量
    作り方
    Point!
    玉ねぎを飴色に炒めること、生湯むきトマトを入れること、そしてクローブを使うことがポイントです。
    ひよこ豆と野菜だけでも十分美味しいですが、お肉を入れてももちろんOK。野菜もあるものを使って、火の通りだけ気をつけていただいて、お好み具材でどうぞ。
    本物エチオピアさんではコリアンダーはのりませんが、このカレーによく合うので私はあれば必ずのせています。
    作ったその日も美味しいですが翌日も美味しいです~。
    1. クローブはすり鉢やミルなどで細かくしておく。
      トマトは湯むきして汁ごとざく切りにしておく。
      玉ねぎは薄切りにする。
      カリフラワーとパプリカは小さめに切っておく。
    2. 厚手の鍋にAのサラダ油とにんにく、しょうが、赤唐辛子、クローブを入れ中火にかけ、香りがたったら玉ねぎを入れ、やや強い火にして炒める。
      だいぶしんなりして底に焦げがうっすら出来てきたら、水50ml(分量外)を入れ、炒め続ける。
      だんだんとまた水分がなくなってきて、底に焦げがうっすらできてきたらまた水50ml(分量外)を入れ、炒める。
      玉ねぎが飴色気味になって量も半分くらいになったら、トマトのざく切りを入れ、水分を飛ばしながら炒め、もったりしてきたら薄力粉を振り入れさっと炒める。
      鶏がらスープを入れ、煮立ったらアクを取り、ひよこ豆を加え、中火で蓋をして7~8分煮る。
    3. その間にフライパンを強火にかけ温まったらBのサラダ油を入れ、カリフラワー、パプリカの順に入れ、少し焦げ目がつくように、でも歯ごたえがしっかりめに残るように短時間で炒め、塩胡椒をし、火からおろしておく。
    4. 2の鍋が煮えたら、いったん火をとめ、カレール―を入れ、溶けたら再び火にかけ中火で2~3分煮る。
      3の炒めた野菜を加え、さっとひと煮立ちしたら、味を見て塩胡椒を足し、カレーの出来上がり。
      ごはんに添えて、お好みでコリアンダーをかけてどうぞ。
    8 18
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。