レシピサイトNadia

    フレッシュトマト入り、スクランブルエッグ

    副菜

    フレッシュトマト入り、スクランブルエッグ

    お気に入り

    9

    • 投稿日2015/10/27

    • 更新日2015/10/27

    • 調理時間3

    卵とトマトの相性は抜群。そして、火を入れたトマトは、とってもジューシーで甘くなります。 あっという間に作れるので、忙しい朝食にもピッタリです。

    材料2人分

    • A
      2個
    • A
      マヨネーズ
      大さじ1
    • A
      塩・コショウ
      適量
    • ミニトマト
      3個(60g)
    • パセリ
      適量
    • バター
      10g

    作り方

    ポイント

    パセリは、バジルやオレガノ等、お好きなハーブで作って下さい。 トマトと一緒に、とろけるチーズも入れて焼くと、さらにコクがアップします。 パンに乗せて食べても、美味しいんです。

    • ・ミニトマトは、食べやすい大きさに切っておきます。 ・パセリは、みじん切りにしておきます。 ※乾燥パセリを使っても大丈夫です

    • 1

      ボウルにA 卵2個、マヨネーズ大さじ1、塩・コショウ適量を入れて、マヨネーズの粒がなくなるまで、よくかき混ぜます。

    • 2

      食べやすい大きさに切ったミニトマトとパセリを加えます。

    • 3

      フライパンを強火にかけてバターを入れ、十分にフライパンが熱くなったら、2を流し入れます。

    • 4

      ヘラで、端から真ん中に集めるようにして、火を入れていきます。 ※卵に火を入れすぎるとかたくなるので、、炒めすぎないように気を付けて下さい。

    レシピID

    132818

    「トマト」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    本村 美子
    Artist

    本村 美子

    薬剤師、料理家の本村美子です。 薬剤師の資格を持ち、薬膳料理も取り入れながら、日々の家庭料理を、ちょっとオシャレに、そして美味しくすることをモットーにお料理しています。 お料理以外にも、パン、スイーツを作るのも大好きです。 パン作りは独学ですが、今では、毎日の食卓に欠かせないものになっています。 お料理も、味はもちろんですが、彩りや盛りつけにはこだわっています。 見た目が華やかであれば、子供が苦手なものでも、食べてくれたりもします。 子供が嫌いなものを克服した瞬間が、たまらなく嬉しく思います。

    「料理家」という働き方 Artist History