レシピサイトNadia
    調味料

    【ずぼら喫茶のタルタルソース】5分で出来るチンして混ぜるだけ

    • 投稿日2024/01/25

    • 更新日2024/05/16

    • 調理時間5

    • カロリー(1人分)108Kcal

    • 総費用目安100

    • 冷蔵保存1

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    【すぼら的にはこれが最高峰の神レシピ】 ゆでる→殻をむく→刻む。これが面倒な日、あります。あるというかいつも。 でもタルタルソースが食べたい欲は突然で、しかもだいたいなるはやで完成させたい。そんな私とだいたいいつも同じ気持ちでいる方に全力でおすすめします。私は5回に4か5回これです。 『水っぽくない、卵が破裂しない、味が決まる』 簡単ながらにもコツはあって、それはポイント欄に記載しました。経験上、これらを無視しなければ失敗しません。3回作ったらきっと覚えられます。ぜひお試しください。 ▼栄養成分はポイント欄参照

    材料4人分

    • 玉ねぎ(みじん切り)
      1/4個分(50g)
    • 3個
    • A
      マヨネーズ
      大さじ5
    • A
      酢、砂糖
      各小さじ1
    • 適量
    • うま味調味料、こしょう
      適量
    • ドライパセリ
      適宜

    作り方

    ポイント

    ■工程1(水っぽくならないポイント)…塩をふる。ラップなしで加熱する。冷めたら水けを絞る。 ■工程2(破裂しないポイント)…卵黄の膜を破ること。一文字で十分ですが、十字に切ればより安心。 ■工程3(食感のポイント)…混ぜすぎない。大きい塊を箸で切る。 ■工程4(食感のポイント)…生すぎれば追加で10秒加熱。 ■工程5(味が決まるポイント)…塩はふたつまみ、コショウは2~3ふり、うま味調味料は5~6ふりが適量です。 ※マヨネーズはカロリー65%カットのものを使用しています。 ■秘密のコツ もうひと手間だけなら増えてもいいよ。という方は、卵黄を絶対壊さないように静かに優しく卵をザルに割り入れ、5~10秒待って自然に垂れる水けを切ってから工程2に入ってください。濃厚な味わいになります。 ▼栄養成分/1人あたり ----------------------- カロリー:108㎉ たんぱく質:5.7g 脂質:8.6g 炭水化物:2.0g 塩分:1.48g ----------------------- 「日本食品標準成分表2022年版(八訂)」 ※あおじはいかが_2024年2月号掲載レシピ

    • 1

      玉ねぎ(みじん切り)は耐熱皿に入れて塩をひとつまみまぶし、ラップをせずに電子レンジ(600w)で30秒加熱する。冷めたら水けをきる。

      工程写真
    • 2

      耐熱ボウルに卵を割り入れ、卵黄を十字に切る(注:かき混ぜない)。 ラップをせずに、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱する。

      工程写真
    • 3

      一旦取り出し、固まった部分を箸で切るようにしてほぐす。更に30秒追加で加熱する。

      工程写真
    • 4

      固まった白身を箸で切ってほぐし、全体をさっと混ぜる。粗熱が取れるまでこのまま置く。

      工程写真
    • 5

      4に1とA マヨネーズ大さじ5、酢、砂糖各小さじ1を加えて混ぜ、うま味調味料、こしょうで味を調える。好みでドライパセリを散らす。

      工程写真
    レシピID

    474053

    質問

    作ってみた!

    • あーちゃん♡
      あーちゃん♡

      2024/01/26 05:47

      ゆで卵さえ面倒な私には打って付け❕❕ 電子レンジで簡単😍 大好きなタルタルソース🩵 食感が欲しいので キュウリ🥒も1/3みじん切りして加えました🎶 美味しかったあ🧡 でも…ちょっぴり酸味が足りないような… 何故だろう…おねこ様…お助けを…

    「タルタルソース」の基本レシピ・作り方

    こんな「手作り調味料」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    「玉ねぎ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    おねこ
    • Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家

    呑兵衛料理家。豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社) ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」

    「料理家」という働き方 Artist History