レシピサイトNadia

    よだれ水餃子

    主菜

    よだれ水餃子

    お気に入り

    3098

    • 投稿日2018/01/08

    • 調理時間40

    茹でた餃子に、甘酸っぱさに山椒と唐辛子の辛みをきかせた「よだれ鶏」のタレをかけていただく一品。これはもう、想像するだけでよだれが出そう!

    材料4人分25個(2~4人分)

    • 餃子の皮
      25枚
    • キャベツ
      1/4個(200g)
    • ニラ
      5本(30g)
    • 挽肉(豚)
      150g
    • A
      大さじ1
    • A
      醤油
      小さじ1
    • A
      おろしショウガ
      小さじ1
    • A
      おろしニンニク
      小さじ1
    • 長ネギ
      1/2本(40g)
    • B
      ポン酢
      大さじ4
    • B
      練りごま
      大さじ2
    • B
      すりごま
      大さじ2
    • B
      砂糖
      大さじ2
    • B
      ラー油
      小さじ1
    • B
      山椒
      適宜

    作り方

    ポイント

    やさしい口当たりの水餃子は、食感の良いトッピングをプラスすると楽しさUP!お好みで、パクチーや茹でたもやし、刻んだ漬物、ピーナッツやアーモンドなどナッツ類もオススメです。もちろんタレもアレンジ自在。ごまだれ、甘辛味噌だれ、スイートチリソースなど、お好みの組み合わせを探してみてください。

    • キャベツをみじん切りにします。塩小さじ1/2をふって4~5分おき、水気をしっかり絞ります。 にらは2~3mm幅に刻みます。

      工程写真
    • 1

      ボウルに挽肉(豚)・キャベツ・ニラ・A 酒大さじ1、醤油小さじ1、おろしショウガ小さじ1、おろしニンニク小さじ1を合せ、つかむように全体を均一混ぜます。

      工程写真
    • 2

      餃子の皮に小さじ1~2程度のタネをのせます。 皮の淵半周分に、指で水を塗って・・・

      工程写真
    • 3

      半分に折り密着させます。 ヒダを作らず包むことで、茹で時間を短縮でき、ちゅるんとした食感もより滑らかになります。

      工程写真
    • 4

      両端を重ねるように折り込み・・・

      工程写真
    • 5

      水をつけてしっかり密着させます。 こうするとタレを両手で抱きかかえるようになり、たっぷりの絶品ダレと一緒に口に運ぶことができます。

      工程写真
    • 6

      鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、餃子を入れて4~5分。 沈んだ餃子がふわっと浮いてきたらザルにとります。

      工程写真
    • 7

      長ネギを刻み、B ポン酢大さじ4、練りごま大さじ2、すりごま大さじ2、砂糖大さじ2、ラー油小さじ1、山椒適宜を混ぜてタレを作ります。 辛味が苦手な方は、ラー油と山椒を控えめにしてください。 すりごまは香ばしさを出すだけではなく、タレにとろみをつけ、絡みをよくする役割もあります。

      工程写真
    • 8

      茹でたて餃子にたっぷりかけて、召し上がれ。

      工程写真
    レシピID

    227756

    「キャベツ」の基礎

    「にら」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    加瀬 まなみ
    Artist

    加瀬 まなみ

    埼玉県熊谷市出身。両親在住時スペインにて家庭料理を学び、スペイン料理を中心に料理研究家として活動。メディア・イベント出演、出張シェフ、撮影監修、料理教室、レシピ開発のほか、All Aboutスペイングルメガイド、ippinキュレーターなど執筆活動も行う。 全国タパス選手権 2018年 3位入賞。 著書:フライパンひとつでできる絶品パエリア(TATSUMI MOOK)、5分でできた!シリーズ 全7冊(角川SSC)、2stepレシピお米でつくるたのしいごはん(東京地図出版)、月刊いちばんやさしいスペイン料理(miilマガジン)ほか

    「料理家」という働き方 Artist History