レシピサイトNadia
    主食

    【ねぎ豚つけうどん】簡単に作れて絶品!〆はスープで♪

    • 投稿日2024/06/25

    • 更新日2024/06/25

    • 調理時間10

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安400

    • 冷蔵保存-

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    キンキンに冷やしたうどんを 豚バラと長ねぎのつゆに漬けて🤤🥢 パパッと作れてつるんと食べられる これからの季節にぴったりの1品🥰 漬け汁は〆にお湯を注いで、 スープとしてもお召し上がり頂けます♪ ぜひ気軽に作ってみてください🌱

    材料2人分

    • 豚バラ薄切り肉
      100g
    • 長ねぎ
      1/2本
    • 冷凍うどん(細麺)
      2玉
    • ごま油
      小さじ1
    • しょうがチューブ
      3cm
    • A
      200ml
    • A
      めんつゆ2倍濃縮
      100ml
    • A
      酒・本みりん
      各大さじ2
    • A
      醤油
      大さじ1
    • ゆで卵
      2個(なくてもOK)

    作り方

    ポイント

    ●うどんは細麺を使用しています。漬け汁と絡みやすくおすすめです。通常のうどんでもお作りいただけますし、そうめんでも代用いただけます。 ●漬け汁はうどんをつけて食べることも考慮し、濃いめに仕上げています。

    • 1

      長ねぎは斜め切り、豚バラ薄切り肉は食べやすい大きさに切る。

      工程写真
    • 2

      小鍋にごま油を中火で熱し、しょうがチューブと①を加え、豚肉に火が通るまで炒める。

      工程写真
    • 3

      A 水200ml、めんつゆ2倍濃縮100ml、酒・本みりん各大さじ2、醤油大さじ1を加え煮立たせ2分煮る。

      工程写真
    • 4

      冷凍うどん(細麺)を1玉ずつ袋の表記時間レンジ加熱し、(表記時間茹でてもOK)ざるにあげ揉み洗いし、氷水で冷やす。

      工程写真
    • 5

      うどんと漬け汁をそれぞれ器に盛り、お好みでうどんにゆで卵を添える。 ・うどんを食べたら、残った漬け汁にお湯を注いで割り、スープとしてお召し上がりいただけます。

      工程写真
    レシピID

    485274

    質問

    作ってみた!

    • ぽちゃこ
      ぽちゃこ

      2024/06/25 21:16

      めっちゃ美味しかったです‼️🥰つけ汁は、しいたけや油揚げを追加しました。つけ汁も、すっごく美味しかったです。すぐリピしますね⭐️

    こんな「うどん」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History