レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

チキンとアサリのガンボスープ

汁物

チキンとアサリのガンボスープ
  • 投稿日2015/09/24

  • 調理時間45(下準備時間を除く)

バーミキュラ鍋を使い、『夏野菜をゴロっと使用した家庭料理』のテーマで、ケイジャン料理の代表格、ガンボスープを無水調理で作りました。 夏野菜のオクラとモロヘイヤをたっぷりと。 ガンボスープはご飯にかけて食べるスタイルが伝統的で、今回は玄米ご飯を合わせてみました。

材料4人分22cm鍋使用

  • 鶏むね肉
    400g
  • あさり
    300g
  • オクラ
    8~10本
  • モロヘイヤ
    1袋(100g)
  • A
    玉ねぎ
    1個
  • A
    セロリ
    1本
  • A
    ピーマン
    3個
  • トマト
    中2個
  • オリーブオイル
    大さじ2
  • にんにく
    4~5かけ
  • ローレル
    4~5枚
  • ケイジャンミックススパイス
    大さじ1
  • コンソメ(顆粒)
    大さじ1
  • 塩・胡椒
    適宜
  • ご飯(盛付け用)
    600g

作り方

ポイント

オクラとモロヘイヤでスープにとろみを出しています。鶏肉はもも肉でも良いのですが、むね肉の方が煮込むとほぐれて食べやすく、スープと絡んで味が馴染みます。また、肉類と魚介類を一緒に煮込むと、お互いの出汁で旨味の相乗効果が生まれてスープに深みが出て美味しさ倍増です!!

  • トマトを湯剥きして、あさりの砂抜きをする。

  • 1

    鶏むね肉の皮を取り、こぶし大に切り分け、塩、胡椒をふる。A 玉ねぎ1個、セロリ1本、ピーマン3個をそれぞれ1.5cm幅の角切りに、モロヘイヤは2~3cm幅のざく切りにし、オクラのへたを取る。

  • 2

    バーミキュラ鍋にオリーブオイルをひき、にんにくを潰し入れて香りが立つまで弱火で炒める。鶏むね肉を入れて表面に焼き色を付けてから、玉ねぎ、セロリを加えて軽く炒め一旦火を止める。

  • 3

    鍋底に玉ねぎ、セロリを広げ、その上に鶏むね肉、あさり、トマト(丸ごと)を並べ、鶏むね肉の上にローレルをのせ、モロヘイヤ、オクラ、ピーマンの順に重ね入れ、フタをして弱火で20分加熱する。鶏むね肉を軽く押して形が崩れるくらいが加熱の目安。

  • 4

    ケイジャンミックススパイスとコンソメを加え、トマトを潰しながら全体を軽く混ぜて、フタをして弱火で5分加熱する。

  • 5

    ご飯と共に器に盛る。

レシピID

131164

「鶏むね肉」の基礎

「オクラ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

前澤 泰爾
Artist

前澤 泰爾

長野県生まれ。 大学卒業後、メンズカジュアルブランドの販売員としてアパレル企業に就職。 ファッションコーディネートを学びながらも、料理の世界に興味を持ち、飲食業に転職。 都内飲食店にて調理業務に携わり、独学にて調理師免許取得。イタリア料理店、スペイン料理店、ハワイ料理店などの店長、料理長を経て、日々食材や料理、人と向き合う。 その後、今までとは違う角度や観点から料理の世界を学ぶため、祐成陽子クッキングアートセミナー54期生として、食に係わるコーディネート、スタイリングを学び、フードコーディネーターの資格を取得。

「料理家」という働き方 Artist History