70℃加熱で甘さが5倍に!さつまいもの蒸し方5選

60

2020.10.01

分類副菜

調理時間: 1時間 0分

ID 399135

小鉢ひろか

あと一品にもう困らない!野菜が主役の副菜レシピ

さつまいもは「70℃前後」で「ゆっくり」加熱すると甘みを最大限に引き出すことができます。例えば、電子レンジで普通に加熱してしまうと、一気に温度が90℃近くまで上がるため、ゆっくり加熱したものより甘味は1/5に!

    材料2人分
    さつまいも 1本〜
    作り方
    Point!
    ・さつまいもの大きさに合わせ、加熱時間はご調整ください
    ・竹串を刺し、スッと通るほど柔らかくなったら加熱終了です!
    ・切ったさつまいもより、丸のまま加熱した方がふっくら仕上がります。大きすぎる場合は、2~3等分に切ってOKです
    ・たくさん蒸した場合は、冷蔵庫で保管してください
    1. 【オーブン(トースター,魚焼きグリル)の場合】
      さつまいもは洗って(濡らして)、アルミホイルに包み、160~180℃のオーブンで1時間〜焼く。トースターや魚焼きグリルの場合は、弱目の火加減で30分〜ご調整ください。
      ※石焼き芋にする場合は、アルミホイルで包まず、直接焼いてOKです
    2. 【フライパンの場合】
      フライパンにさつまいも、水(50ml)を入れて水を沸騰させ、ふたをして弱火で30分〜加熱する。
      10分ごと上下を返し、水がなくなって焦げないようにご注意ください。ふたの重い鍋をお持ちの場合は、鍋の方がおいしくできます!(ル・クルーゼとかストウブとか)
    3. 【電子レンジの場合】
      濡らしたキッチンペーパーを2枚重ね、さつまいもを包み、さらにラップで包む。600Wのレンジで1分加熱し、200W(もしくは解凍モード)で8分〜加熱する
    4. 【炊飯器の場合】
      炊飯釜にさつまいも(できれば2~3本),水100mlを入れて通常炊飯する。大きさにより、固い場合は再度通常炊飯する
    5. 【茹でる場合】
      さつまいもはお好みの大きさに切って水にさらす。鍋にさつまいもが浸るぐらいの水を入れ、中火で沸騰させる。沸騰したら弱火にして、軽くぽこぽこする優しい沸騰を保ちながら10分〜加熱する
    14 256
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「さつまいも 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。