レシピサイトNadia
    副菜

    これさえあれば『ひじきの煮物』♪の1番好きな食べ方

    • 投稿日2021/10/03

    • 更新日2021/10/03

    • 調理時間20

    お気に入り

    284

    お弁当生活が始まり、よく入れるのが『ひじきの煮物』 これさえあれば~状態で、娘も朝ごはんにこれがあると喜んでくれます。 お弁当にも入れるけど(笑) 入れる具はその時で変わりますが、基本はお揚げさん、人参、ちくわ、大豆の水煮です。

    材料4人分ひじきを戻す時間は含まない。

    • 乾燥ひじき
      1袋(25g)
    • 人参
      1/4本
    • 油揚げ
      1枚
    • 煮込みちくわ
      2本
    • 大豆の水煮
      100g
    • A
      250ml
    • A
      酒・醤油・みりん・砂糖
      各大さじ3
    • A
      小さじ1/3
    • A
      顆粒かつお出汁
      1袋(8g)(ほんだし使用)
    • オリーブオイル
      大さじ1

    作り方

    ポイント

    ちくわは、いい出汁が出るので入れると美味しくなる食材です^^

    • ~主な材料です~

      工程写真
    • 1

      ●乾燥ひじきは水で洗ったあと袋の表示通り戻す。水の場合30分くらい、湯の場合は5分。 そのあと、ザルにあけしっかり水気を切っておく。 ●大豆の水煮はさっと洗い水気を切っておく。

      工程写真
    • 2

      煮込みちくわは縦半分に切ってから3ミリほどに切る。人参は2~3ミリ程の短冊に切る。 油揚げは水道の湯で洗い水気をしっかり搾り、短冊に切る。

      工程写真
    • 3

      温めたフライパンにオリーブオイルを入れ人参を2分程炒めたらひじきを入れ2分程炒め水分を飛ばす。

      工程写真
    • 4

      残りのちくわ、油揚げ、大豆の水煮を入れる。

      工程写真
    • 5

      中火で2分程炒め、A 水250ml、酒・醤油・みりん・砂糖各大さじ3、塩小さじ1/3、顆粒かつお出汁1袋(8g)を入れ蓋をして10分~15分程煮込む。

      工程写真
    • 6

      人参が柔らかくなっていれば、強火にして水分をさっと飛ばし火を止める。足りなければ塩で味を調える。

      工程写真
    • 7

      お揚げさんはジュワ~~と美味しい出汁を吸って全体のポイントにもなる食材ですね^^ 大豆が入るといつものひじきの煮物より満足感が出ますね^^お弁当にもよく入れます~白ご飯が進みます

      工程写真
    • 8

      ※1番好きな食べ方は~ やはり、ご飯に乗せお茶をかけて頂きます!これ切り干し大根の煮物も同じです^^ ひじきの煮物の美味しい出汁が出て、具だくさんのお茶漬けになります!! 関西なので、お茶漬けが好きなのもあるんですが、子供の頃から食べています~ サラサラ~もう何杯でも食べたくなります^^

      工程写真
    レシピID

    423034

    「大豆」の基礎

    「ひじき」の基礎

    質問

    作ってみた!

    レビュー(1件)
    • 488663
      488663

      2022/03/08 17:09

      こんにちは😃 ひじきの煮物‼️ 感動しました🥺 今までにもいろんな方のrecipeを作りましたが、こんなに感動したひじきの煮物は有りません。甘さも、調味料の配分量がこの感動を伝えてくれました。 これからも応援します〜 また、参考にさせていただきますね。 美味しい料理をありがとうございました😊

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「ひじき」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    桃咲マルク
    Artist

    桃咲マルク

    プチプラ食器を主に使用してスイーツや御菜などカフェ風料理を作っています。 はなまるマーケット料理選手権で優勝。王将(2年連続)・トロピカーナ・乾物イタリアン・小林製薬・映画にちなんだレシピ・ベビースターラーメン・ミツカン・ローソンタイアップ他受賞多数。元ミスユニバースコンサルタントのエリカ・アンギャルさんと2人での対談を実現。3人の子供がいる5人家族です。

    「料理家」という働き方 Artist History