レシピサイトNadia
    主菜

    切り干し大根とツナの豆腐チャンプルー

    • 投稿日2024/05/30

    • 更新日2024/05/30

    • 調理時間30

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    優しい味つけの豆腐チャンプルーです。 さっぱりと食べられるのに栄養満点!! 切り干し大根で食べ応えをアップし、よく咀嚼することで満腹感も得られます。 お気軽にお試しください♪

    材料2人分2〜3人分

    • 切り干し大根
      40g
    • 小松菜
      1袋(200g)(4〜5束)
    • にんじん
      1/2本(80g)
    • 木綿豆腐
      1丁(300g)
    • ツナ缶
      1缶(70g)(オイルごと使用)
    • 2個
    • A
      かつお節
      2g
    • A
      小さじ1/4
    • 鶏がらスープ顆粒
      小さじ1
    • しょうゆ
      小さじ1
    • サラダ油
      適量

    作り方

    ポイント

    *豆腐はしっかりと焼き目をつけることで崩れにくくなります。 *洗い物を減らすため、卵はフライパンの中で崩しています。 *味が薄いと感じる場合は最後の工程でしょうゆの量を調整してください。

    • 1

      切り干し大根は10分ほど水で戻す。

      工程写真
    • 2

      木綿豆腐は半分の厚さに切り、それぞれを8等分に切る。 キッチンペーパーを敷いたざるにあげて水けを切る。 (次の工程で野菜を切っている間の水切りでOK)

      工程写真
    • 3

      にんじんは皮を剥き、細切りにする。小松菜は根元を落とし、5cm長さに切る。(茎と葉に分けておく。)

      工程写真
    • 4

      サラダ油大さじ1を入れたフライパンを中火で熱し、2を入れてこんがりと焼き色がつくまで焼き、A かつお節2g、塩小さじ1/4をふりかけて和えたら一度取り出す。

      工程写真
    • 5

      同じフライパンにサラダ油小さじ2を入れて中火で熱し、水けをしっかり絞った1、にんじん、小松菜の茎を加えてにんじんがしんなりするまで炒める。

      工程写真
    • 6

      小松菜の葉、ツナ缶をオイルごと、鶏がらスープ顆粒を加え、小松菜がしんなりするまで炒める。

      工程写真
    • 7

      豆腐を戻し入れ、さっと和える。

      工程写真
    • 8

      卵2個を加え、フライパンの中で崩しながら全体を和えるように炒める。

      工程写真
    • 9

      鍋肌からしょうゆを回し入れ、さっと炒める。

      工程写真
    レシピID

    484167

    質問

    作ってみた!

    こんな「炒めもの」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「切り干し大根」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    asuca
    • Artist

    asuca

    料理研究家・上級食育アドバイザー

    • 上級食育アドバイザー

    現役スキューバダイビングインストラクターが作る健康的なレシピです☺︎ *料理研究家/上級食育アドバイザー *スキューバダイビングインストラクター *潜水士 *元国際線客室乗務員 *夫と保護猫3匹と南の島在住 ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ 離島でスキューバダイビングのインストラクターをしながら、好き嫌いの多いジャンクフード好きな夫のために、ガッツリでもヘルシーなレシピや生活習慣病を改善するレシピなど、からだに良い食材をなるべく使って『食べて健康になる料理』を日々研究しています。 私のレシピで料理を作ってくださった方から、血圧が下がった!便秘が改善された!などなど、とても嬉しいお言葉を頂いています。 健康診断の数値も全て範囲内に収まっていて、医食同源が身に染みています。。 私のレシピでは黒砂糖、黒酢、無添加調味料を主に使っていますが、手に入らない方はご自宅でいつも使っている調味料で代用して頂ければと思います。 好き嫌いの多い家族がいて、でも健康でいてほしい、美味しいものを食べさせてあげたい、そんな思いを持っている方のお役に立てると嬉しいです♡

    「料理家」という働き方 Artist History