Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. シャキ・シャキ♪キャベツと厚揚げの甘みそ肉そぼろ炒め

    シャキ・シャキ♪キャベツと厚揚げの甘みそ肉そぼろ炒め 40秒前

    145人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 5分で完成♡旨味たっぷり♡ほうれん草人参のツナ胡麻和え♡

    5分で完成♡旨味たっぷり♡ほうれん草人参のツナ胡麻和え♡ 1分前

    148人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. むね肉deうま塩チキン【#作り置き #揉んで焼くだけ】

    むね肉deうま塩チキン【#作り置き #揉んで焼くだけ】 5分前

    112人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 鶏ささみのステックから揚げ★ちょっ甘めのカレー・マヨソース

    鶏ささみのステックから揚げ★ちょっ甘めのカレー・マヨソース 5分前

    190人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 甘酸っぱさがたまらない...♪鶏ささみのネギ・マヨあえ

    甘酸っぱさがたまらない...♪鶏ささみのネギ・マヨあえ 5分前

    110人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

お米の研ぎ方

5

2014.01.27

分類主食

調理時間: 5分

ID113164

西山京子/ちょりママ

ちょりママのレシピルーム

お米の研ぎ方で美味しさが変わる。
この研ぎ方で炊いたごはんにヤミツキです☆
楽しく!リズミカルに!
アツアツつやつやごはんをどうぞ♪

ごはん

このレシピをブログで紹介する

材料(3合分)
3合
水* 適量
作り方
Point!
*最初の水と炊く水はミネラルウォーターか浄水がおすすめです。
  1. ○お米の計量カップ摺り切り1杯が1合でしっかり計量
    ○精米されたお米は密閉袋に入れて野菜室保存がおすすめ
  2. ボウルに計量したお米を入れる。
  3. 水(水道水でもOK)を入れ、2合なら30。3合なら40。4合なら50。
    指と指の感覚をあけて(泡だて器をイメージして)、
    右(1)左(2)右(3)左(4)・・・右(39)左(40)とリズミカルにカウントする。
  4. 水を入れてひとかきして水を流す。
    この作業を2合なら3回。3合なら4回。4合なら5回する。

    (※プラス1イメージで)
  5. 余分な水をきったお米をお釜に入れ、目盛までミネラルウォーターか浄水を注ぐ。
  6. 夏30分、冬1時間を目安に浸水させ、普通モードで炊く。
    炊きあがったら切るようにさっくりと混ぜる。
  7. 炊飯器で炊いて、炊きあがったら切るようにざっと混ぜる。
13 16
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】節約食材のレシピも!「京風割烹白だし」のレシピ集
    節約食材のレシピも!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  2. PR 【PR】生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集
    生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集 この特集を読む
  3. PR 【PR】冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き
    冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き この特集を読む
  4. PR 【PR】冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず
    冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず この特集を読む
コメント・感想 Comment
☆あさ☆ さん
2014.12.09 13:42

完全にお米の研ぎ方間違えてました! お米の粒ひとつひとつが美味しい! 昨日と同じお米なのに不思議♪ 今まで、お米を潰していたんだと判明しました! 実家に帰ったら、やってあげよ♪ご飯好きの父が、特に喜んでくれそうです!

西山京子/ちょりママ
西山京子/ちょりママ さん
2014.12.10 09:22:02

☆あさ☆さん いつもありがとうございます!!(*´∇`)ノ早速試していただいてホントホント感激です!そして同じ気持ちになっていただいてこれまた感激です。^^主人が一度で再現できたのすごい!と言ってました。笑 ぜひご実家のお父様にも♪♪

感想をもっと見る(ログイン)

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ごはん×スロージューサー(Hurom) (3)
もっと見る

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents