レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

バタフライピーとヨーグルトの2色ゼリー☆

デザート

バタフライピーとヨーグルトの2色ゼリー☆
  • 投稿日2021/02/11

  • 調理時間20(冷やし固める時間は除く)

お気に入りに追加

93

バタフライピーティーの綺麗なブルーと ヨーグルトの白色を合わせた 見た目が可愛いスイーツを作ってみました。 ヨーグルトなので、味わいはとってもさっぱり食後のデザートにもペロリと食べれます♪ 作るのに時間がかかりますが・・・ 爽やかできれいなスイーツが出来上がり 味わいもさっぱり美味しいので、 お時間があればぜひ作ってみてください♡

材料4人分

  • バタフライピーティー
    250ml
  • グラニュー糖
    35g
  • A
    粉ゼラチン
    5g
  • A
    大さじ2
  • B
    ヨーグルト(プレーン)
    200g
  • B
    グラニュー糖
    20g
  • C
    粉ゼラチン
    5g
  • C
    大さじ2
  • 豆乳または牛乳
    50ml

作り方

ポイント

ヨーグルトゼリーから作り始め、固めている間にバタフライピーティーゼリーを作り始めるとよいです。 バタフライピーティーは普通に飲むよりもかなり濃いめに出すと、 仕上がりがちょうどよい綺麗なブルーに仕上がります。 仕上げのバタフライピーティーはあえて固めたゼリーを崩してトッピングしました。 このほうがキラキラ感が増すのと、作るのが簡単の両方です^^

  • 濃いめのバタフライピーティーを淹れ250ml分用意しておく。

    工程写真
  • 1

    バタフライピーティーゼリー用A 粉ゼラチン5g、水大さじ2と、ヨーグルトゼリー用のC 粉ゼラチン5g、水大さじ2をそれぞれふやかしておく。

    工程写真
  • 2

    【ヨーグルトゼリー作り】 ボウルにB ヨーグルト(プレーン)200g、グラニュー糖20gを入れ混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 3

    ふやかしておいたC 粉ゼラチン5g、水大さじ2に温めた豆乳または牛乳を加えてゼラチンを溶かし、混ぜ合わせる。

    工程写真
  • 4

    ③のゼラチン液をB ヨーグルト(プレーン)200g、グラニュー糖20gに加えてよく混ぜ、半量をカップに4等分にして入れ、冷蔵庫で冷やし固める。 残りの半量は固まらないように湯銭にかけて保温し、 時々かきまぜておく。

    工程写真
  • 5

    ヨーグルトゼリーを固めている間に 【バタフライピーティーゼリー作り】 温めたバタフライピーティーにグラニュー糖を加えて混ぜ合わせたら、ふやかしておいたA 粉ゼラチン5g、水大さじ2をレンジ600Wで15~20秒ほど加熱して溶かしたものを加える。

    工程写真
  • 6

    最初に入れたヨーグルトゼリーが固まってきたら、⑤のバタフライピーティーゼリーの半量を4等分して静かに注ぎ入れ、冷蔵庫で冷やし固める。 残りの液もボウルごと冷蔵庫で冷やして固めておく。 (固まったゼリーを崩してトッピングします)

    工程写真
  • 7

    バタフライピーティーゼリーが固まったら、④で残しておいたヨーグルトゼリーを4等分にして流し入れ冷蔵庫で冷やし固める。

    工程写真
  • 8

    ヨーグルトゼリーが固まったら、⑥で残り分を冷やして固めておいたバタフライピーティーゼリーをスプーンなどで軽く崩して上にトッピングする。

    工程写真
レシピID

406870

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

金子美和(さとみわ)
Artist

金子美和(さとみわ)

2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

「料理家」という働き方 Artist History