レシピサイトNadia
    デザート

    『バナナ・くるみ・チーズの米粉塩マフィン』朝ごはんや軽食に♪

    • 投稿日2021/07/03

    • 更新日2021/07/03

    • 調理時間25

    甘じょっぱい味がクセになる♪ 朝ごはんやブランチにおすすめの塩マフィン。 米粉で作れるので、グルテンフリー生活をしている人や米粉好きな人に作ってもらえたら嬉しです。 バナナの甘味と胡桃の食感が子供にも大好評☆ バナナがたっぷり入っているので ボリューム満点!満腹感があります。 フルーティーなワインにも合いますよ。 混ぜるだけなので、作業時間は5分程度。 簡単です♪ 熟したバナナの消費にもぜひどうぞ~☆

    材料4人分中サイズのマフィン型8個分

    • バナナ
      150g(小サイズ約2本分)
    • 砂糖
      小さじ1
    • 2個
    • 米油(太白胡麻油でも可)
      20g
    • A
      米粉
      100g
    • A
      ベーキングパウダー
      5g
    • B
      くるみ
      50g
    • B
      粉チーズ
      10g
    • B
      2g

    作り方

    ポイント

    バナナは軽く手で潰しておくと泡立て器で混ぜやすいです。 胡桃は細かく刻むと全体が胡桃の色に仕上がります。 食感を楽しみたいなら、少し大きめにカットしてみてください。

    • オーブンを180度に予熱しておく。

    • 1

      バナナは皮をむき手で軽く潰してボウルに入れる。 泡立て器でよく混ぜてたら砂糖を加えてしっかり混ぜる。

      工程写真
    • 2

      卵を加えて混ぜ合わせたら、米油(太白胡麻油でも可)を加えさらによく混ぜる。

      工程写真
    • 3

      A 米粉100g、ベーキングパウダー5gを加えて泡立て器でしっかり混ぜる。

      工程写真
    • 4

      B くるみ50g、粉チーズ10g、塩2gを加えて混ぜ合わせる。 (くるみは食べやすい大きさに刻んでおく) ゴムベラで混ぜたほうが混ぜやすいです。

      工程写真
    • 5

      生地をマフィン型に流し入れ、180度に予熱したオーブンで約15分焼く。 (焼き時間はお使いのオーブンに合わせて調節してください)

      工程写真
    レシピID

    416378

    質問

    作ってみた!

    こんな「バナナマフィン」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「オーブン」の基礎

    「バナナ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    金子美和(さとみわ)
    • Artist

    金子美和(さとみわ)

    料理研究家・料理ブロガー

    • 調理師
    • トータルフードコーディネーター
    • 上級食育アドバイザー
    • ベジタブル&フルーツアドバイザー
    • 雑穀マイスター
    • 食生活アドバイザー

    2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

    「料理家」という働き方 Artist History